食品素材の記事

テルヴィス、アガベイヌリンの抗糖尿病作用に関する結果を発表

テルヴィスは宮城大学大学院と共同で、アガベイヌリンの抗糖尿病作用について試験を行い、その結果を5月に静岡市で開催された第73回日本栄養・食糧学会大会で発表した。

インスリン非依存性糖尿病モデルマウスを使った試験で、コントロール飼料、アガベイヌリンを1%および5%、合成イヌリン5%置き換えた飼料の4群により、試験開始5週目に腹腔インスリン負荷試験、6週目に経口糖負荷試験を行った。7週間飼育後に解剖し、臓器重量、血清の生化学的検査、遺伝子解析などを行った。

その結果、空腹時血糖値はコントロール群と比較して5%アガベイヌリン群、合成イヌリン群が有意に減少。糖負荷試験時の血糖曲線下面積(AUC)値は、コントロール群比で1%アガベイヌリン群が有意に減少した。同じく総コレステロール値でもコントロール群比で1%アガベイヌリン群が有意に減少した。これらの結果により、アガベイヌリンの抗糖尿病作用が示唆された。

食物繊維の一種であるイヌリンは、整腸作用や血糖値上昇抑制などの機能性が知られているが、その多くがチコリ由来や砂糖由来イヌリンのデータであることが多く、アガベ由来イヌリンに関しての研究データはまだ少ない。同社では今後も、遺伝子解析等により肥満に関するアディポネクチン関連の発現量などの検討を行っていくという。

関連記事

  1. アークレイ、3種のハーブを含有した抗糖化向け素材「サトナシール」…
  2. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  3. 食品と開発 ニュース アスク薬品、脳機能・運動機能改善作用を持つマンゴー葉乾燥エキス「…
  4. 稲畑香料、ルテインとゼアキサンチン含む高濃度タイプ原料を上市へ
  5. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  6. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  7. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  8. 飲料用に自社素材を紹介、サンプル提案も― 一丸ファルコス

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP