食品素材の記事

オリザ油化、ドライマウスの症状や口臭を改善する「花椒オイル」の提案

オリザ油化は、花椒の果皮を使用した新オーラルケア素材「花椒オイル」を2日~4日に開催された「食品開発展2019」にて発表した。花椒果皮に含まれる関与成分には唾液分泌促進効果があることを突き止めた。

花椒はミカン科サンショウ属の植物で、果皮には特有の辛味と風味がある。花椒には健胃、消炎、駆虫、発汗などの効果があるため中国では伝承的に食されており、麻婆豆腐などの中華料理をはじめ、最近ではスナック菓子やカップ麺にも多く使われるようになって話題となっている。

花椒を食べた際の痺れ感と共に促される唾液分泌には、ヒドロキシ-α-サンショオールが関与しており、ヒドロキシ-α-サンショオールが侵害刺激受容体のアゴニストとして作用することで花椒オイルに強い唾液分泌促進作用のあることが臨床試験で確認されている。新オーラルケア素材「花椒オイル」は、唾液分泌を促進することで口やのどの乾燥感や口臭などのドライマウス症状を改善することが期待できる。

近年、中高年女性に口やのどの異常乾燥感、唾液のネバネバ感、舌痛などドライマウスの症状に悩む人が増加している。ドライマウスは唾液分泌量の低下や唾液の質の変化により生じ、食物の摂取困難や滑舌に支障を来すことにより生活の質(QOL)を著しく低下させ、口臭、虫歯、歯周病の発症リスクを高め、誤嚥性肺炎などの全身疾患にも関与することが知られている。

同社では、高齢化とともに今後増え続けるドライマウス人口に対応していくために「花椒オイル」の販売促進を強化していく。キャンディ、グミ、チューインガム、チュアブルタイプの打錠品、歯磨き剤や口腔洗浄剤など、多角的に提案をしていく。

関連記事

  1. 微細藻類から新たなアンチエイジング素材・オーラン油を開発
  2. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  3. 尿酸値上昇抑制作用で機能性表示を目指す「アンセリン」
  4. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  5. 三栄源エフ・エフ・アイとライコレッド、飲料分野でトマト色素の独占…
  6. 短鎖脂肪酸を多く生み出すビフィズス菌とイヌリンによる認知機能の改…
  7. 食感・風味立ちそのままに 惣菜・調味料向け増粘剤製剤を上市
  8. 代謝マスタースイッチと肥満抑制スイッチをONにするUKOGIN(…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP