食品素材の記事

イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案

イングレディオン・ジャパンの米由来の加工でん粉「エヌダルジ」は、粒径が2~5μmと他の由来品よりも小さいため、ざらつきを感じず非常になめらかな食感になる。もち米由来でアミロペクチン100%なので老化しにくく、離水やゲル化をせずになめらかな食感を保つ。

本品は、もともとパン用フィリングの口どけを良くするよう開発された製品で、同品を配合することで、粘らずに適度な粘度を持ちつつ口中でさっと溶けるフィリングが出来上がる。また、食パンや餃子の皮、レトルト食品、冷凍食品などにも使え、素早い口どけと切れの良い物性、優れた照りツヤを付与できる。

高架橋タイプの「エヌダルジ811」はカスタードクリームやフルーツフィリングに、811よりも粘度が出やすい中架橋の「エヌダルジ812」はタレ・ソースや卵焼き製品に適している。どちらもフレーバーリリースが良く、本来のフレーバーはマスキングしないという特徴もある。

関連記事

  1. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始
  2. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…
  3. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  4. ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設
  5. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ
  6. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  7. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  8. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP