関連トピックス

三井製糖2020年賀会、「甘味のプロ」として顧客の問題に取り組んでいく企業を目指す

代表取締役社長 雑賀大介氏

三井製糖は2020年賀会を1月10日に都内で開催した。代表取締役社長の雑賀大介氏は年頭の挨拶で、昨年の出来事を振り返りながら本年の抱負を語った。

(以下、挨拶の一部を要約)
昨年はスプーン印60周年、三井製糖という社名になって50周年の年であった。昨年は年始に「変わらないために変わる」という目標を掲げ、1年を過ごしてきた。
■昨年は
・家庭用砂糖は、60周年のアニバーサリーデザインの製品を発売した。9月には使いやすいスタンドパックの400g入り製品を発売。これが受け入れられ、グラニュ糖や中ザラ糖と製品が拡充している。
・「スローカロリーシュガー」(関与成分:パラチノース)が機能性表示食品として受理された。マラソンランナーなどにも大変好評で、今後さらに需要拡大の期待がかかる。
・生産分野では、一昨年から各工場の設備を見直し、安定供給できる体制を構築。
・海外では、中国でのプロジェクトとして合弁企業「中糧糖業遼寧有限公司」を設立し、供給体制の強化を図った。シンガポールやタイにも社員を派遣している。

■本年は
・国内の生産基盤をさらに足固めし、安定供給に備える。
・少子高齢化や働き方改革を背景に、家庭で料理を作る機会が減少する。さらに砂糖に対する考え方が大きく変化しているなか、砂糖をコモディティとして販売するだけでなく、ソリューション提案を考えていくべき。「甘味のプロ」として顧客の様々な悩みに応えていける企業を目指す。
・砂糖における、ビールに対するノンアルコールビール、タバコに対する電子タバコのような位置づけの製品の必要性も感じている。

60周年アニバーサリーデザインパッケージ

パラチノースを配合した製品の数々

関連記事

  1. 三菱商事ライフサイエンスグループ3社の会社統合
  2. みょうばんの使用基準改正を官報告示
  3. 御殿場テトラパックがTPM特別賞を受賞
    生産性・品質向上の…
  4. 第23回トレハロースシンポジウムを11月に開催
  5. 結晶セルロース 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  6. スポーツニュートリション カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…
  7. 食品開発展2018、盛会裡に閉幕
  8. 常磐植物化学研究所、70周年記念シンポジウムを共同開催―多数の講…

おすすめリンク先

PAGE TOP