技術・機器の記事

食品含有成分量測定が生産ライン上で可能に
独製ハイパースペクトル画像処理ソフトを販売

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、ハイパースペクトルイメージング技術を中心としたデータ処理用ソフトウェアを提供するドイツのLuxFlux社と販売代理店契約を締結し、同社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアの提供を開始した。

ハイパースペクトルイメージング技術は、食品分野でも食品や異物の素材・成分を検査する“分類”に加え、食品の外観検査や内部検査で活用されているが、高速移動対象の画像分析ソフトの開発が遅れているため、従来は静止状態の対象物の撮像・画像分析等のR&D用途が一般的だったという。この点、同社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアは、AI(機械学習)で開発した対象の撮像に最適な解析・測定モデルが開発できるため、生産ラインを高速移動する対象物の可視化に加え、分類、測定も行うことができる。

同画像処理システムは環境開発ソフトウェア「fluxTrainer」と実行環境ソフトウェア「fluxRuntime」の2つのソフトウェアで構成される。fluxTrainerは、ハイパースペクトルカメラで撮像した大量のデータを波長で分類(特徴量を抽出)し、AIで学習モデルを生成および検証するもの。一方、fluxRuntimeは、fluxTrainerで生成した学習モデルを利用し、データキューブ(対象物を波長分類した2次元撮像データを撮像時間軸でスライドさせて積み重ねた3次元配列データ)ベースのリアルタイムでの分類・測定を実現する。

想定価格(税別)は、fluxTrainerが113万円(リニアステージ制御を加えたfluxTrainer Proは170万円)、luxRuntimeが128万円。販売は、キヤノンITS直販のほか、既存提携先であるSIパートナーと画像専門商社を主体に進める。2022年にはこれら製品群で1億円の売り上げを目指す。

関連記事

  1. 低温冷水の安定・大量供給を実現する新装置発売
    食の安全・…
  2. ニレコ、デスクトップ型「近赤外分析計A8850」の販売を開始
  3. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  4. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  5. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  6. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  7. 大型液晶でpHと温度を同時に表示
    IP67準拠の防塵・防水…
  8. フードロスとチャンスロス削減、異物対策で注目
    湿度100%…

おすすめリンク先

PAGE TOP