食品素材の記事

ホップの芳香、風味を強調できるエキスを開発

池田糖化工業は、ノンアルコールビールや発泡酒向けにホップ由来の芳香、風味を付与できる『ホップエキスNA』を開発し、このほど販売を開始した。ホップの機能性成分であるアルファ酸の含有量を規格化した液状品で、水に容易に透明分散するのが特徴。滅菌ろ過が可能で、ホップの爽やかな風味と苦味を付与することができる。

同社は、水に難溶なホップ由来のアルファ酸やベータ酸の易溶化に取り組み、独自のナノエマルション化技術を駆使して、水へ透明に分散するエキス製品に仕上げた。少量添加でアルファ酸の苦味、ホップ由来の風味を付与でき、ノンアルコールビールや発泡酒のホップ感、本物感を高めることができる。特にホップ由来の芳香、風味を強調したいときに利用価値が高い。

製品はアルファ酸0.5%以上を規格しており、添加量目安は0.01~0.05%。冷凍保存で賞味期限は製造後24カ月を予定している。

なお、ホップの苦味成分は酸化しやすく、光に弱いため、本品を使用する場合には、ガスバリア性及び遮光性の高い容器への充填、ガス置換や脱気、カーボネーション等の工程が必要となる。

関連記事

  1. 海藻由来アスコフィラン、感染症予防で引き合い
  2. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  3. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー
  4. CamiloCoteによるPixabayからの画像 テルヴィス、アガベイヌリンの抗糖尿病作用に関する結果を発表
  5. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  6. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  7. アジアで伸長するコスクラ社のイヌリンとエンドウ豆たん白
  8. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる

おすすめリンク先

PAGE TOP