関連トピックス

イングレディオン、でん粉の生産能力増強を計画―中国・山東工場を拡張

イングレディオンは、中国山東省にある山東工場の拡張に投資し、でん粉製品の生産能力アップと、製品ポートフォリオの大幅拡大を発表した。

それによると、山東工場の隣接地に新たなでん粉製造工場を建設。既存施設との一体化により一貫生産を実現する。完成後のでん粉総生産量は現在の2倍以上となり、幅広い製品の安定供給に繋げることができる。投資は2022年までに完了する。

山東工場はnon-GMOコーンなど原料産地にも隣接しており、サスティナビリティに配慮した効率的な原材料の確保が可能。生産者との共同農業プログラムも進めていく方針。

イングレディオンは、世界的に高まるプレミアム志向や健康志向を見据え、今後さらに多様化しながら伸長する市場に向けて“スペシャルティスターチ”を、安定的に効率よく、最適な供給を目指している。

関連記事

  1. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  2. 食品と開発 ニュース デュポン ニュートリション&ヘルスが、新たに「ニュートリション&…
  3. 腸内細菌学会学術集会 来月開催―腸内環境の最新研究など最新情報を…
  4. 「舌での押し潰し」「のど越し」を再現した新食感評価法など開発を加…
  5. カナダから食品関連企業54団体が来日予定
  6. 林兼産業のエラスチン、血管の機能性表示で受理
  7. 機能性素材の普及、甘味食品の試験検査業務を活動の軸に
  8. 第26回 腸内細菌学会学術集会 7月に開催―マイクロバイオームに…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP