食品素材の記事

吸収性の高さが評価されているミネラル(鉄)―クエン酸第一鉄ナトリウム

三菱ケミカルフーズはクエン酸第一鉄ナトリウム「サンフェロール」(鉄含量10〜11%)を販売している。酸性からアルカリ性の広い領域で安定的に溶け、吸収性がヘム鉄と同等という吸収性の高さが特徴。添加した際の反応性が低く、溶解性に優れ、応用範囲の広い色調などの使い勝手の良さも評価され利用が拡がっている。

食品に栄養機能を付加した商品形態の増加に伴い、新規採用も増えている。サプリメントでは鉄吸収性の高さが評価され、大手企業での新規採用もあった。マルチビタミン・ミネラル配合飲料にも採用されている。今後は、鉄味をよりマスキングできるアプリケーションを拡充し、同社が得意とする飲料を中心に展開を進める。

なお、同品はGRAS物質として登録されており、米国FCC(Food Chemical Codex)にも収載されている。中国ではGB14880(栄養強化剤)用途でも登録が完了し、今後は中国への輸出のための準備を進め、今年度中の輸出開始を目指している。

※食品と開発6月号では、ミネラル素材について紹介しています。興味のある方は⇒ 購読案内

関連記事

  1. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  2. BGG Japan、内臓脂肪低減作用で受理実績を持つ「アップルフ…
  3. 小腸での栄養成分の吸収向上機能を持つ「アストラジン」
  4. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売
  5. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  6. 東北製薬グループが合弁でソルビトール生産へ
    自社のビタミン…
  7. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  8. DSM、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」のビタミンプレミ…

おすすめリンク先

PAGE TOP