食品素材の記事

アークレイ、3種のハーブを含有した抗糖化向け素材「サトナシール」発売

アークレイでは、3種類のハーブ(フェヌグリーク、フェネル、ハイビスカス)を含有した機能性食品素材「サトナシール」を発売した。抗糖化機能を有しており、健康食品やサプリメントなどに提案していく。

「サトナシール」は、フェヌグリーク、フェネル、ハイビスカスを混合し、熱水抽出した粉末素材。これまでの研究により「サトナシール」には体内に蓄積したAGEs(糖化最終生成物)を減少させる可能性があることを確認している。同社では、糖化対策のドリンクやサプリメントの原料として提案を進めていくという。

同社は抗糖化に関する研究を長年続けてきており、抗糖化素材として「AGハーブMIX」(カモミール、ドクダミ、セイヨウサンザシ、ブドウ葉を混合したハーブエキス)を2006年から販売し、健康食品や美容製品での採用実績を重ねている。それに「サトナシール」という新たな抗糖化素材が加わり、今後も抗糖化に関する顧客のニーズに応じた企画提案を行っていく。

「サトナシール」は、10月3日から開催の「食品開発展」でもお披露目する。
食品開発展
10月3日(水)~5日(金) 東京ビッグサイト
アークレイグループ からだサポート研究所 ブース(A-011)にて

関連記事

  1. 急騰するビタミンB群相場
     ―中国の環境規制問題が原料メ…
  2. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  3. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  4. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  5. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー
  6. 新規抗ロコモ素材「NEM®」本格販売―アスク薬品
  7. 一般食品への採用が急伸「シールド乳酸菌®M-1」
  8. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP