食品素材の記事

オリザ油化、アグアヘエキスの前立腺肥大抑制作用を新たに確認―女性だけでなく男性向けにも提案

オリザ油化の「アグアヘエキス」は、女性ホルモン様作用が確認されたことで女性向け素材として展開していたが、このたび新たに男性の前立腺肥大抑制作用を確認したことで、男性向け素材としての可能性も出てきた。

アグアヘ(Maurutia flexuosa)はペルー、ブラジルなど南米のアマゾン川流域で栽培されているヤシ科の植物。現地ではその果実を菓子やジュース、氷菓に加工し、嗜好品として親しまれている。同社は、女性ホルモン様作用を訴求した素材「アグアヘエキス」を2018年に上市している。アグアヘエキスにマイルドな女性ホルモン様作用があることを解明し、臨床試験において、不定愁訴の改善やバストアップ効果を明らかにしていることもあり、女性向け素材として積極的に紹介していた。

今回、前立腺肥大モデルマウスを使った試験において、前立腺重量の減少を確認した。さらに、前立腺炎症マーカーである前立腺特異的抗原(PSA)の遺伝子発現量も減少していることがアグアヘエキスによる前立腺肥大抑制作用を確証づける結果となった。また、その活性成分としてメトキシフラバン化合物の寄与、作用機序は5α-レダクターゼ阻害作用であることを明らかにした。

なお、男性ホルモン受容体(AR)のタンパク発現量には影響を与えないことも確認しているため、テストステロンによる作用(筋肉・骨量の増加作用)は損なわれず、前立腺肥大抑制作用を主作用とする効果であることが示唆されている。この結果は特許申請中とのこと。

今回の試験で前立腺肥大抑制作用が確認されたことで、アグアヘエキスは男性向け製品としてもおすすめできる素材となった。同社では過活動膀胱抑制作用を持つ「シーベリーエキス」も揃えており、両素材とも頻尿対策処方としてPRしていく。

関連記事

  1. 藻類由来高濃度DHAオイルを上市
  2. GABAの認知機能における有効性を確認
  3. クリスパタス菌で米国GRAS認証を取得
  4. 中国グリシン相場高騰、価格改定急ぐ
  5. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  6. コラーゲンペプチド、従来よりも低用量で膝の機能を訴求した機能性表…
  7. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  8. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP