食品素材の記事

サナギタケ由来の冬虫夏草粉末を上市

池田糖化工業は、FSSC22000認証を持つ自社工場で栽培した「冬虫夏草(サナギタケ)」を、凍結乾燥法により粉末化した冬虫夏草製品4種類の販売を開始した。

サナギタケは、日本はじめアジア諸国に広く自生している冬虫夏草類の仲間。自然界では昆虫のさなぎに寄生して子実体(きのこ)をつくることが知られている。

製品は淡黄色粉末で、それぞれコルジセピン含量を規格化しており、一般食品・サプリメント用の「冬虫夏草粉末S」(コルジセピン含有量0.3%以上)、「冬虫夏草粉末H」(同1.0%以上)、液体ドリンク用の水溶性エキス末「冬虫夏草エキス粉末E」(同1000ppm以上)、ペットサプリメント用の「冬虫夏草粉末P」(同0.35%)の4種類を用意している。

ハンドリングの良い粉末状だけでなく、水溶性エキス粉末をラインナップすることで、加工食品だけでなくドリンク製品等にも利用できる。

日本食品分析センターの分析による生理活性の分析値例では、100g当たりコルジセピン1.26g、D-マンニトール1.03g、β-グルカン11.4g、エルゴステロール(ビタミンD前躯体) 617mg。SOD(スーパーオキシド)の消去活性は2.5×103 U/gとなっている。

※なお、同品の開発については以下にも掲載中
⇒ https://www.kenko-media.com/food_devlp/archives/3741

関連記事

  1. サントレック、たん白素材として注目される食用コオロギ粉末を販売
  2. 巣ごもり需要で家庭用こめ油の市場が拡大
  3. コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」
  4. 結晶セルロース 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  5. サンブライト、ε-ビニフェリン高含有のレスベラトロール上市
  6. 国内酵母ビジネスの先駆け 三輪製薬がミネラル酵母の可能性に期待
  7. スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ…
  8. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定

おすすめリンク先

PAGE TOP