関連トピックス

1-3月の豆乳類生産量が増加、新型コロナウイルスの影響による在宅時間の増加も要因か

日本豆乳協会は、2020年1-3月期における豆乳類全体の生産量は94,063kLと、前年と比べ6.8%の増加となったことを発表した。新型コロナウイルスの影響により在宅時間が増加したことで、家庭内での豆乳の摂取がさらに普及したと考えられている。

分類別にみて、最も伸び率が高いのは「豆乳(無調整)」で、生産量は28,219kL(127.3%)。生産量が最も多い「調製豆乳」は46,879kL(103.5%)、「果汁入り豆乳飲料」は3,841kL(113.5%)、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は、13,341kL(108.6%)と、すべてのカテゴリーにおいて生産量、出荷量ともに順調に拡大した。

一方、主に業務用として生産している「その他」に分類される豆乳は、1,783kL(35.9%)で減少となった。

新型コロナウイルスの影響により在宅勤務が増え飲食店での外食を控える傾向にあったことから、宅内での消費量は大幅に増加し、飲食店用の業務用豆乳の生産量は減少。生活者の買物の仕方も変化し、長期保存が可能な豆乳の需要がさらに高まったのも増加の一因とみている。

豆乳について詳しく知りたい方は⇒日本豆乳協会

関連記事

  1. 「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
     話題R…
  2. 第40回記念講演会を3月14日(木)に開催
    食品安全行政や…
  3. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始
  4. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  5. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  6. メディケアフーズ展で衛生管理視点からトータルエンジニアリングを提…
  7. ONE TEAMでプロテオグリカンの新たな市場創出を目指す―プロ…
  8. Natural Products EXPO WEST 米国の自然…

おすすめリンク先

PAGE TOP