関連トピックス

扶桑化学工業、CVCへの出資を発表

総合果実酸メーカーの扶桑化学工業は9月30日付で、オイシックス・ラ・大地が組成したフードイノベーション領域に特化したコーポレートベンチャーキャピタルファンド(CVC)「Future Food Fund1号投資事業有限責任組合」(FFF)へ出資することを明らかにした。FFFへの出資額は1億円で期間は10年。

FFFは、2019年10 月に日本の食のスタートアップエコシステム(スタートアップ企業を成長させ、 事業を加速させる仕組み)を作るために、フードイノベーション領域に特化した国内外のスタートアップ企業への出資を目的としてオイシックス・ラ・大地株式会社の子会社Future Food Fund株式会社が設立したCVC。今回の出資を通じて、FFFが出資するスタートアップ企業と協業・連携することで、今後成長が期待されるフードテック(※)市場を念頭に、「食を通じて人々の暮らしを豊かにすること」ができる新規事業・製品の創出を目指す。

また、このファンドに出資する LP(有限責任組合員)企業やオイシックス・ラ・大地との連携も期待でき、同社が蓄積してきた経験や技術を活かしFFFが掲げるスタートアップエコシステムの構築およびフードテック市場・フードイノベーションの拡大に貢献していく、としている。

※フードテックとは、「食(Food)」と「テクノロジー(Technology)」が融合して新規サービス・商品を創出する動きのこと。キーワードは「人工肉・代替肉」「食糧不足・フードロス問題」「食の安全」「健康食」「植物工場」など多岐にわたる。

関連記事

  1. 新工場「インテリジェンスパーク」起工式を挙行―東洋新薬
  2. 全国清涼飲料連合会、環境省 CEチャレンジからアワード交付
  3. 健康食品市場の『免疫トレンド』とロンザのユニーク素材 <ロンザ/…
  4. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  5. 第23回トレハロースシンポジウムを11月に開催
  6. 「令和元年度食料・農業・農村白書」の公表-農林水産物・食品の輸出…
  7. カナダから食品関連企業54団体が来日予定
  8. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”

おすすめリンク先

PAGE TOP