食品素材の記事

池田糖化、加工食品に利用しやすい粉末状の冬虫夏草(サナギタケ)を開発―自社栽培で供給

池田糖化工業は、自社で栽培した「冬虫夏草(サナギタケ)」を凍結乾燥法で粉末化した『冬虫夏草粉末』を開発した。自社で菌床栽培した冬虫夏草(サナギタケ)を原料として100%使用したもので、冬虫夏草(サナギタケ)由来のコルジセピンを0.3%以上含有している。

サナギタケは、日本をはじめアジア諸国に広く自生している冬虫夏草類の仲間。自然界では昆虫のさなぎに寄生して子実体(きのこ)をつくることが知られている。サナギタケに含まれるコルジセピンは核酸系の物質で、アデノシンとよく似た構造をしており、抗腫瘍、抗酸化、抗炎症、免疫賦活など色々な生理活性作用が文献で報告されている。また、それ以外にもβグルカン、エルゴステロール(ビタミンD前躯体)、SOD様活性成分などが含まれている。

製造はFSSC22000認証の自社工場で行う。粉末状であるため利用しやすく、特に加工食品向けに提案している。

池田糖化工業についてはこちら⇒ https://www.ikedatohka.co.jp/

関連記事

  1. 急騰するビタミンB群相場
     ―中国の環境規制問題が原料メ…
  2. 植物性ナノ型乳酸菌SNKの抗ストレス作用を確認
  3. 北海道産の「赤ビーツ」パウダーの原料販売を開始
  4. 扶桑化学工業、果実酸類4月から値上げ
  5. 栄養価そのままに長期熟成の醗酵黒にんにくを粉末化
  6. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売
  7. 筋量増加が示唆された卵白たん白
  8. オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見

おすすめリンク先

PAGE TOP