食品素材の記事

池田糖化、加工食品に利用しやすい粉末状の冬虫夏草(サナギタケ)を開発―自社栽培で供給

池田糖化工業は、自社で栽培した「冬虫夏草(サナギタケ)」を凍結乾燥法で粉末化した『冬虫夏草粉末』を開発した。自社で菌床栽培した冬虫夏草(サナギタケ)を原料として100%使用したもので、冬虫夏草(サナギタケ)由来のコルジセピンを0.3%以上含有している。

サナギタケは、日本をはじめアジア諸国に広く自生している冬虫夏草類の仲間。自然界では昆虫のさなぎに寄生して子実体(きのこ)をつくることが知られている。サナギタケに含まれるコルジセピンは核酸系の物質で、アデノシンとよく似た構造をしており、抗腫瘍、抗酸化、抗炎症、免疫賦活など色々な生理活性作用が文献で報告されている。また、それ以外にもβグルカン、エルゴステロール(ビタミンD前躯体)、SOD様活性成分などが含まれている。

製造はFSSC22000認証の自社工場で行う。粉末状であるため利用しやすく、特に加工食品向けに提案している。

池田糖化工業についてはこちら⇒ https://www.ikedatohka.co.jp/

関連記事

  1. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  2. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  3. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  4. 加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始
  5. コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」
  6. アジアで伸長するコスクラ社のイヌリンとエンドウ豆たん白
  7. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  8. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP