食品素材の記事

レモン素材の可能性を追求

ポッカサッポロフード&ビバレッジでは、今年の食品開発展でレモンの様々な部位、形態、品種ごとの様々な用途への利用提案を行う。

レモン素材は果汁以外にも、果皮、パウダー、ペースト等様々ラインナップがあり、風味付け、酸味付け、食感付与など利用法が考えられる。同社では今回の展示会で目的に応じた適切な素材の利用法を提案する。

10月6日、14:30~14:50西4ホール内PM会場で「レモン人気再来、レモン素材の魅力をご紹介」と題したプレゼンテーションを行う。

関連記事

  1. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ
  2. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  3. 高い生体利用効率が期待される水溶性フラボノイド含有レモンエキス発…
  4. 東洋新薬、「大麦若葉末」が唾液中の免疫物質(IgA)を増やすこと…
  5. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  6. 数百名単位の被験者によるデータを有する乳酸菌製品
  7. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  8. コラーゲンペプチドを「トータルロコモ」素材として提案

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP