関連トピックス

腸内細菌学会―会場とWebのハイブリッドで6月に開催

(公財)腸内細菌学会は、6月に第25回腸内細菌学会学術集会を開催する。会場の開催とWeb開催(ライブ配信)というハイブリッド開催となる。

・メインテーマ:人生100年時代と腸内フローラ~ヒトの一生における腸内フローラと健康の関係~
・会期:6月1日(火)、2日(水)
・会場:タワーホール船堀(東京都江戸川区)
現地開催およびwebによるライブ配信予定
・事前参加登録は5月20日(木)まで
・お問合わせ:(公財)腸内細菌学会事務局
TEL: 03-5319-2669  e-mail: [email protected]
詳しくはこちらをご覧ください。
大会ホームページ:https://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml

■プログラム(予定)抜粋】
【6月1日】
「制御性T細胞による免疫応答制御」
坂口志文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)
「COVID-19を取り巻く状況の変化 -新たな知見を含めて-」
松本哲哉 (国際医療福祉大学)

【6月2日】
シンポジウム1『人の一生と腸内フローラ:乳児、成人、高齢者における腸内フローラと健康』
片山高嶺(京都大学)
中山二郎(九州大学)
小田巻俊孝(森永乳業(株))
佐治直樹(国立長寿医療研究センター)
内藤裕二(京都府立医科大学)

「Lactobacillus 属のゲノム情報に基づく再分類」
遠藤明仁(東京農業大)

シンポジウム2『感染症と腸内フローラ・腸管免疫』
長谷耕二(慶應義塾大学)
大野博司(理化学研究所)
國澤 純((国研)医薬基盤・健康・栄養研究所)
北澤春樹(東北大学)
藤原大介(キリンホールディングス(株))

なお、期間限定オンデマンド配信で市民公開講座も予定
市民公開講座『健康になる食事と腸内細菌』
「腸内環境に基づく層別化医療・ヘルスケアがもたらす未来」
福田真嗣(慶應義塾大学先端生命科学研究所)
「いま、未来の子供たちにできること、便からわかる母子の健康」
吉野正則((株)日立製作所)

関連記事

  1. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  2. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  3. 植物由来タンパクの世界的供給国を目指す―カナダ・プロテイン産業協…
  4. 「持続可能性」と「免疫」から見据えたDHA・EPA
  5. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  6. ブルーベリー茎葉抽出成分中に新型コロナウイルスの不活化効果
  7. トレハロースシンポジウム開催―トレハロースと免疫に関する研究紹介…
  8. 7月の主な学会、研究発表会

おすすめリンク先

PAGE TOP