未分類

食品産業のISO認証取得動向

~注目のISO22000認証にむけたとりくみ~
食品安全のマネジメントシステムISO22000が、昨年秋国際規格(IS)として発行された。
審査機関やコンサル機関の中でも、食品業界に顧客の多い所や従来HACCPとの統合審査を行ってきた所は、いち早くISO22000についても情報収集を行い、食品業界の取得意向に応じられるよう体制を整えてきた。実際にISO22000の国内での正式な認証体性が整うには、審査要件が全て整う今春以降になりそうだが、業界では既にDISの段階でISO22000の認証を受けた企業や海外の審査機関より認証を受ける企業もみられ、今春から国内機関による審査の動きも活発化しそうだ。
本稿では、これまでのISO9000、14001の食品産業での動きと、注目の22000に対する審査・コンサル・トレーニング企業のとりくみを追う。


主な審査機関
SGSジャパン
日本海事検定キューエイ
日本化学キューエイ
日本環境認証機構
日本検査キューエイ
日本能率協会
日本品質保証機構
ビーエスアイジャパン
ロイド・レジスター・クオリティ・アシュアランス・リミテッド

関連記事

  1. 【健康素材】大豆食品、大豆由来機能素材の市場動向
  2. 【支援技術】食品産業における用水・排水処理技術
  3. ダイエット素材の開発動向
  4. 【6月号】ポリフェノール食品・素材の市場動向
  5. 残留農薬のポジティブリスト制問題の波紋
  6. 【市場動向】健康機能で開発進む果実・野菜素材
  7. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  8. 【12月号】高付価値化と環境対策で用途拡がる乾燥技術

おすすめリンク先

PAGE TOP