食品素材の記事

酪酸菌増殖能に優れるケストースを上市

伊藤忠製糖では、北海道産のビートを原料としたケストースを高純度に含有する「ikes75」を、このほど上市し本年の食品開発展でお披露目する。同原料はケストースを75%以上含む国産粉末品。

ケストースはビートやタマネギなどにも含まれるプレバイオティクス素材で、胃で消化されることなく大腸にまで到達し、乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸菌の餌となる。とくに腸内において有用性が注目される短鎖脂肪酸・酪酸を生産する酪酸菌の増殖作用に優れており、これが高いインスリン抵抗性やアトピー、花粉症などの免疫にかかわる症状改善にも役立っているのではないかとみられている。

ケストースはこれまで食品原料としての流通量は少なく、食品用途には広がっていなかったが、同社では価格的にも使い易い差別化素材として提案していく。

【食品開発展】
日時:10月6日(水)~8日(金)
場所:東京ビッグサイト西ホール1,2&アトリウム
事前登録受付中 https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. IHM、粉末タイプのプラズマローゲンを販売開始
  2. 乳化力を有する植物オイル「オーツ麦オイル」を乳化剤代替に提案
  3. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  4. 飲料用に自社素材を紹介、サンプル提案も― 一丸ファルコス
  5. リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始
  6. カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案
  7. 太陽化学、グアーガム酵素分解物の脂肪性肝疾患に対する効果を発表
  8. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ

おすすめリンク先

PAGE TOP