技術・機器の記事

品質管理業務効率化を目指した帳票のデジタル化を提案

株式会社カミナシでは食品製造業の品質管理業務を軽減し、作業の効率化と品質管理レベルの向上を図る「紙の帳票の電子化」を今年の「食品開発展」で提案する。

紙の帳票への記録・管理は現場の業務負荷増大のボトルネックとなっているが、同社が提案する現場改善プラットフォーム「カミナシ」では紙の帳票を電子化し作業を見える化することで、業務の効率化、品質管理レベルの向上、さらには現場の無駄を省き利益を生む現場づくりの実現を目指す。

展示会ではシステムのデモのほか約100社の導入事例のプレゼンテーションセミナーを
10月6日(水) E会場 11:00~11:50
10月8日(金) F会場 11:00~11:20
にて行う。

【食品開発展】
日時:10月6日(水)~8日(金)
場所:東京ビッグサイト西ホール1,2&アトリウム
事前登録受付中 https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  2. 飛来虫侵入防止効果を高めたシートシャッターの受注加速
  3. 日本ウォーターズ、新型HPLCを発表
  4. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  5. 軟質から中硬質までの多様な原料の破砕に最適な衝撃式破砕機
  6. 新型無地表面検査装置で従来モデル比2倍のライン速度に対応
  7. 粉体・液体混合インラインミキサーの能力強化機種を発売
  8. HACCP、ウイルス対策を高効率に行うオゾン水のミスト噴霧

おすすめリンク先

PAGE TOP