食品素材の記事

オリザセラミドの新規格として「フリーセラミド(Elasticamideを含む)」を追加

オリザ油化は、日本国内(一部海外)向けの食品・化粧品原料全ての「オリザセラミド®」の規格中に新たに「フリーセラミド(Elasticamideを含む)」の確認試験を追加すると発表した。対応は2023年10月出荷分より実施される。

植物由来のセラミドは「グルコシルセラミド」が正式名称であり、同社の米由来セラミド原料「オリザセラミド®」シリーズでも「グルコシルセラミド」を規格化している。一方で、ヒトの肌(角層)にはグルコシルセラミドから糖(グルコース)分子が外れた「セラミド」が構成成分として存在しており、植物由来グルコシルセラミドと区別するため「ヒト型セラミド」や「フリーセラミド」と呼ばれている。

同社は「オリザセラミド®」シリーズ全てに「フリーセラミド」も含まれることを確認することができたため、「フリーセラミド確認試験」を合わせて規格化することにした。このヒト型セラミドであるElasticamideの米における単離・同定は世界初で、現在特許出願中。

近畿大学薬学総合研究所の森川敏生教授との共同研究では、「オリザセラミド®」から単離したフリーセラミドがヒト型セラミド6(AP)(別名“Elasticamide”)と同一構造であることが調べられた。また、同社の独自研究によりElasticamideが美白作用を有することが明らかにされている。

グルコシルセラミドの機能性は、これまで保湿作用が知られているが、「オリザセラミド®」には美白作用も有することが臨床試験で確認されており、“Elasticamide”と“米由来グルコシルセラミドの主要成分”が強い美白作用を有することも明らかとなっている。

同社は「オリザセラミド®」全シリーズを分析した結果、全てにElasticamideが含有されていることが確認できたため、規格書および試験成績書に「フリーセラミド(Elasticamideを含む)」の確認試験を追加することを決定した。 今後は、「オリザセラミド®」に含まれるその他の成分研究や、免疫機能を始めとした様々な機能に関する研究を進めていく。

関連記事

  1. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ
  2. こんにゃく由来グルコシルセラミドの脳機能改善作用を検証
  3. 栄養価そのままに長期熟成の醗酵黒にんにくを粉末化
  4. 注目の4素材について講演―食品新素材研究会
  5. ケルセチン配糖体摂取による血管内皮機能の改善に期待
  6. 備前化成、ブルーベリー葉エキス末の眼精疲労・ドライアイ改善で特許…
  7. 睡眠の質改善と意欲を維持する機能を訴求したサフランエキスを5月に…
  8. 東洋新薬の大麦若葉末、従来の1/3 の摂取量で新ヘルスクレーム「…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP