関連トピックス

味元ブランドのMSG来年1月に値上げへ

大象ジャパンは、味元ブランドの加工用L−グルタミン酸ナトリウム(MSG)について、来年1月納入分より20-30%以上の上げ幅で価格改定を実施する。

主要原料となる糖蜜や、アンモニア、苛性ソーダなどの副原料の高騰に加え、インドネシア現地で製造するエネルギーコストや海上輸送費が急騰。さらに安心・安全を維持するための品質の確保に関わるコスト負担増など、総合的にコストが上昇している。

また、電力不足に陥っている中国品の供給不安に伴う世界需給バランスへの懸念や円安為替の影響などもあり、安定供給を行っていくうえで現状の価格で吸収することが困難と判断し、値上げに踏み切ることとなった。今後、ユーザーと調整に入り、広く理解を求めていく。

関連記事

  1. 林原、トレハロースシンポジウムを11/9に開催
  2. トマト由来成分の「美と健康」をテーマに
  3. 東京都立産業技術研究センターが、7技術分野・66技術シーズの情報…
  4. 早稲田大学、酪酸産生機能を有する新細菌群(C細菌群)をヒト腸内フ…
  5. 食品開発展、本日より開催ー興味深い素材・技術が集結!開催は14日…
  6. ヒットする商品の開発、市場傾向や今後の食の変化などを探る講演会を…
  7. 英国ヴィーガン協会認証マークの公式代理店、認証マーク取得サポート…
  8. 全国清涼飲料連合会、環境省 CEチャレンジからアワード交付

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP