関連トピックス

味元ブランドのMSG来年1月に値上げへ

大象ジャパンは、味元ブランドの加工用L−グルタミン酸ナトリウム(MSG)について、来年1月納入分より20-30%以上の上げ幅で価格改定を実施する。

主要原料となる糖蜜や、アンモニア、苛性ソーダなどの副原料の高騰に加え、インドネシア現地で製造するエネルギーコストや海上輸送費が急騰。さらに安心・安全を維持するための品質の確保に関わるコスト負担増など、総合的にコストが上昇している。

また、電力不足に陥っている中国品の供給不安に伴う世界需給バランスへの懸念や円安為替の影響などもあり、安定供給を行っていくうえで現状の価格で吸収することが困難と判断し、値上げに踏み切ることとなった。今後、ユーザーと調整に入り、広く理解を求めていく。

関連記事

  1. 「令和元年度食料・農業・農村白書」の公表-農林水産物・食品の輸出…
  2. Isobionics社のバレンセン、日本国内で食品添加物として指…
  3. 先週の食品開発展に出展した企業の素材・技術紹介 その4
  4. 食品開発展オンライン プレゼンテーションフォートナイト 参加企業…
  5. トマト種子エキスの皮膚炎症改善作用と肌弾力改善作用について発表
  6. 明治、フラクトオリゴ糖啓発セミナーで、フラクトオリゴ糖の健康価値…
  7. 味の素、植物由来の代替肉でDAIZ社へ資本参加
  8. BASF社シトラス工場3月末めどに操業再開へ
    修復状況を専…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP