関連トピックス

味元ブランドのMSG来年1月に値上げへ

大象ジャパンは、味元ブランドの加工用L−グルタミン酸ナトリウム(MSG)について、来年1月納入分より20-30%以上の上げ幅で価格改定を実施する。

主要原料となる糖蜜や、アンモニア、苛性ソーダなどの副原料の高騰に加え、インドネシア現地で製造するエネルギーコストや海上輸送費が急騰。さらに安心・安全を維持するための品質の確保に関わるコスト負担増など、総合的にコストが上昇している。

また、電力不足に陥っている中国品の供給不安に伴う世界需給バランスへの懸念や円安為替の影響などもあり、安定供給を行っていくうえで現状の価格で吸収することが困難と判断し、値上げに踏み切ることとなった。今後、ユーザーと調整に入り、広く理解を求めていく。

関連記事

  1. 食品開発展2018、盛会裡に閉幕
  2. 〈新製品開発ストーリー〉“排水処理施設の運転管理が誰にでもできる…
  3. 腸内細菌叢のバランスが崩れる「ディスバイオーシス」が引き起こす疾…
  4. コメ需要の長期的減少などが反映、食料自給率は37%
  5. 食品と開発 ニュース 東洋新薬の新工場「インテリジェンスパーク」が健康補助食品GMP適…
  6. カリフォルニア・レーズンの前処理方法とその活用についてのセミナー…
  7. 食品開発展2020開催
  8. 林原、岡山大学とSDGs産学パートナーシップに関する協定を締結

おすすめリンク先

PAGE TOP