未分類

海藻由来機能性素材の開発と利用

海に囲まれた島国であるわが国では、古くから食用として海藻を食してきた。しかし食の欧米化、簡便化で日本人の食生活も変わり、伝統的な海藻食の機会が減ってきている。そのような中で、新たな切り口の機能性素材としての開発と利用が見られるようになってきた。
海藻にはミネラルが豊富に含まれ健康的な食材として認識されているが、最近ではフコイダンやポルフィランなどの多糖類の研究も進み、サプリメントや機能性食品としての利用が始まっている。
本稿では機能性素材としての海藻の利用動向について探っていく。


注目の素材サプライヤー
カイゲン
白子
タカラバイオ
東洋発酵
丸福水産
焼津水産化学工業
理研ビタミン

関連記事

  1. 農場から始まる食品開発
  2. 【技術レポ】排水処理設備の薬剤によるトラブル対策
  3. 【10月号】機能性食品製造で重要性高まる粉粒体技術
  4. 鮮度保持に欠かせない冷凍・解凍技術の最新動向
  5. 除菌・脱臭・鮮度維持用とで利用が進む光触媒技術
  6. 【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向
  7. 蜂産品素材の市場動向
  8. 除菌・脱臭用途で利用が進む光触媒技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP