関連トピックス

三菱ケミカル、来年1月に酢酸・酢酸塩類を2次値上げ

三菱ケミカルは、2022年1月1日出荷分より酢酸および酢酸塩類の価格改定を実施する。値上げ幅は酢酸がキロ当たり30円、酢酸ナトリウム(結晶)15円/kg、酢酸ナトリウム(無水)20円/kg、粉末酢酸20円/kgとなっている。

急激な原燃料の価格高騰によりコストが上昇し、各種経費の削減、効率化を実施しているものの、自助努力のみで全てを吸収することは難しいと判断、安定供給体制を維持するためにも価格改定をせざるを得ない、としている。

同社は5月にも、原燃料価格の高騰および物流コスト等の増加に伴う事業の採算性悪化等を理由に価格改定(酢酸20円/kg、酢酸ナトリウム結晶品10円/kg、同無水品15円/kg、粉末酢酸15円/kg)を実施しており、その後のさらなる操業コスト上昇により、事業環境は大変厳しいものとなっていた。

関連記事

  1. 結晶セルロース 日本食品標準成分表2020年版(八訂)に関わる食品表示基準や分析…
  2. 築野食品工業、⽶ぬかの研究開発拠点となるTIWセンターを設⽴
  3. 海洋プラスチックごみ問題解決に向け
    経産省が業種を横断す…
  4. 林原、ロンザ社と長期パートナーシップ契約を締結
    ―プルラ…
  5. ライコレッドジャパン再始動
  6. トコトリエノール複合製剤EVNol SupraBio™が糖尿病性…
  7. ベニバナの赤色色素カルタミンの合成酵素を世界で初めて同定
  8. Isobionics社のバレンセン、日本国内で食品添加物として指…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP