食品素材の記事

東洋新薬の大麦若葉末、従来の1/3 の摂取量で新ヘルスクレーム「腸内環境改善」の機能性表示食品に

東洋新薬では、「大麦若葉由来食物繊維」を機能性関与成分とする「腸内環境を改善する」旨の機能性表示食品「大麦若葉の繊維青汁G」が2 月22 日付で機能性表示食品として受理(届出番号:G1011)・公開されたことを発表した。

「大麦若葉由来食物繊維」は既に「便通を改善する」機能性表示食品としての実績を持つが、同社は新たなヒト試験データをもとにSRを作成し、「腸内環境を改善する(善玉菌である酪酸菌・乳酸菌を増やす)」旨の表示で届出をした。

さらに有効性が確認された摂取量が従来の3 分の1 という低用量(大麦若葉由来食物繊維として0.7g/日)となるため、スティック分包の青汁など従来よりも幅広い形態の機能性表示食品の設計が可能になった。SR を活用することで、青汁以外にもグリーンスムージーや清涼飲料水などの飲料、パン、焼き菓子、うどんなど、日々の食生活に取り入れやすい機能性表示食品の開発がしやすくなった。

関連記事

  1. ビタミンC、春先から相場上昇の局面に
  2. 高い生体利用効率が期待される水溶性フラボノイド含有レモンエキス発…
  3. 丸善製薬、退色・変色防止剤「サンカノンFRL」の利用に関するオン…
  4. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ
  5. 脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物
  6. 打錠用グレードによる打錠サンプル 物産フードサイエンス、エリスリトールの打錠用グレードを発売
  7. 和歌山県産の梅の種を使った「梅種炭粉末」発売
  8. 東洋新薬、大麦若葉末による肌の保湿、しわ・たるみ・くすみの改善に…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP