バックナンバー

7月号特集 食品と脳機能(「フード・フォラム・つくば」より)

おいしさの脳科学
  大阪大学 人間科学研究科 教授  山本 隆
エサから食事へ:人の食の進化
  京都大学霊長類研究所付属 人類進化モデル研究センター  上野 吉一
脳による食物摂取の認知と必須栄養欠乏に対する適応
  味の素(株)ライフサイエンス研究所 鳥居 邦夫


<主な内容>
●「おいしさの脳科学」
  おいしさと脳
  第二次味覚野について
  脳内物質の関与
  性差についての実験
  脳内物質と報酬系
  摂食を促進する物質
  野生動物に別腹はあるのか
●「エサから食事へ:人の食の進化」
  ヒトとサルの食特性の違い<嗅覚の使い方の差><味覚の使い方の差>
  どの位食べているか
  食べることの労働性
  食べることの社会的意義
●「脳による食物摂取の認知と必須栄養欠乏に対する適応」
  味覚および内臓感覚の脳への伝導路と生理的役割
  栄養状態とニューロン応答性の可塑的変化
  

関連記事

  1. 【2020年12月号】特集/天然調味料を利用した新しい味づくり
  2. 【今月号の特集2】冷凍・解凍技術の最新動向
  3. 特定保健用食品関与成分の市場動向―各社の動き
  4. 「食品開発展2006」誌上展示会 <S-tec>
  5. 【2022年7月号】特集/食によるアンチエイジング研究最前線
  6. 【2017年8月号・特集】食品のロングライフ化技術と製品開発の動…
  7. 【2015年4月号・特集】おいしさの評価技術と活用法
  8. 食品のトレーサビリティシステム確立を目指して

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP