技術・機器の記事

被験者に依らない再現性のある食物の咀嚼評価を実現

実験、研究用ロボットや装置の設計製作を手掛けるオキノ工業ロボティクスは「模擬咀嚼装置」(写真)を開発した。同社はリード線で数多くの販売実績を持つオキノ工業からロボットとメカトロ機器開発事業が分離し2020年に設立された。分社以前より食物テクスチャー計測装置や顎運動訓練ロボット、口腔ケア実習ロボットなど、非産業用の各種ロボットを中心に既存の装置では実現できなかったソリューションの開発とメカトロ機器の設計製作に注力してきた。

模擬咀嚼装置は、繰り返し咀嚼による被験者に依らない再現性のある食物の咀嚼評価を実現するほか、香気成分分析前処理にも貢献する。同装置は、咀嚼力:3~500 (N)、咀嚼速度:0.1~2(回/s)で、咀嚼方法は垂直運動と垂直軸周り回転によるすり潰しの選択が可能。目的に合わせた上下顎交換が可能なほか、咀嚼試験オプションでは6軸リアルタイム測定と人工唾液滴下、香気成分分析前処理オプションではGC-MS分析前処理用気密仕様や恒温装置による温度管理も対応する。

このほか、咀嚼力:3~200 (N)、咀嚼速度:0.3~2(回/s)で、咀嚼方法は垂直軸周り回転によるすり潰し(手動)の「簡易型模擬咀嚼装置」もラインアップしているほか、目的に応じたカスタマイズにも対応する。

関連記事

  1. 簡単設置のオイルミスト混入検査装置発売
  2. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  3. 分散・乳化・混合・脱泡が1台で可能なコンタミレスのAll in …
  4. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…
  5. 日本ウォーターズ、新型HPLCを発表
  6. インクジェットプリンター搭載ベルトシーラー発売
  7. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  8. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP