関連トピックス

太陽化学、粒子コントロール技術を基盤としたミネラル・ビタミン製剤の新工場が7月より本格稼働

太陽化学は2022年6月20日、三重県四日市市の同社南部工場内に、各種ミネラル・ビタミン製剤の製造を行う新工場を竣工する。新工場ではIoTやAI等先端技術の導入によるスマート工場に挑戦し、高品質な製品のグローバル供給を目指す。

■コンセプトは「素材の機能をデザインする」
同社独自の技術である「NDS(ニュートリションデリバリーシステム)」のコア技術となっているのが粒子コントロール技術。そのままでは吸収されにくい不溶性のミネラル、ビタミン等の微量栄養素が効率的に吸収できるようになる。また、機能性素材が持つ生理作用を活かしつつ、高タンパク飲料、スポーツ飲料、流動食等の飲料や、デザート等幅広い食品への利用を可能とする。

また、ミネラル、ビタミン等の微量有効成分のプレミックス化により、製造現場における微量成分の計量、均質化等の煩雑な処理を軽減し、製造プロセスの改善や稼働の効率化が可能となる。

■新工場 施設概要
所在地 :三重県四日市市山田町800番 太陽化学株式会社 南部工場内
投資規模:約18億円
生産品目:ミネラル、ビタミン製剤
生産能力:約1,900t(鉄製剤として)
建屋概要:延床面積 1,081平米

関連記事

  1. 「ProPakAsia 2020」に日本パビリオンを設置
  2. 明治、フラクトオリゴ糖啓発セミナーで、フラクトオリゴ糖の健康価値…
  3. ケルセチンの認知機能への効果や腸内細菌叢に関する話題を発表―「知…
  4. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  5. ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維…
  6. 林原、ロンザ社と長期パートナーシップ契約を締結
    ―プルラ…
  7. 噛むことと健康との関連性を研究する研究会が発足
    調査研究を…
  8. 三洋ライフマテリアルが本格始動

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP