関連トピックス

三菱商事ライフサイエンス、酵母エキスの新研究棟が竣工

新研究棟

三菱商事ライフサイエンスは、 調味料の酵母エキスや健康素材のシステインペプチド(グルタチオン)含有酵母エキスなどを製造する生産子会社の興人ライフサイエンスの佐伯工場敷地内に新たな研究棟を建設し、20日竣工した。

佐伯工場は、1953年に興國人絹パルプの溶解用パルプ工場として操業を開始。発酵事業の分社化による旧興人ライフサイエンスの設立(2012年)を経て、旧MCフードスペシャリティーズ、旧三菱商事フードテックとの会社統合により2019年4月にスタートした現体制に至るまで、酵母エキス等の生産拠点として65年を超える歴史を持つ。同社のバイオ分野の研究開発を支える要の拠点として強化を図るべく、バイオサイエンス研究所の建屋および設備・機器を刷新し、新研究棟を建設した。

新研究棟は、延床面積4038.78㎡の鉄骨造り2階建て。基礎研究、応用研究、各種分析、スケールアップ開発等を手がける研究開発機能とGMPに準拠した品質保証・品質管理機能を有し、施設内には各種微生物を扱える設備を設置している。工場(製造部門)に隣接するメリットも活かし、素材開発に注力する。食品向けにニーズが高まっている酵母エキス開発や、先頃設立したニュートリション事業向けの健康素材開発に期待が高まる。

関連記事

  1. ジェリータジャパン バイオアクティブコラーゲンペプチドの日本での…
  2. ヒットする商品の開発、市場傾向や今後の食の変化などを探る講演会を…
  3. 常磐植物化学研究所、70周年記念シンポジウムを共同開催―多数の講…
  4. 三井製糖2020年賀会、「甘味のプロ」として顧客の問題に取り組ん…
  5. ブルーベリー茎葉抽出成分中に新型コロナウイルスの不活化効果
  6. 長瀬産業、シンガポールに食品素材ラボを設立し、食品素材の海外展開…
  7. ビタミンDと免疫でセミナー
  8. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP