技術・機器の記事

農水規格対応のコメ容積重・水分検査鑑定ユニット発売

サタケは、2022年産米から適用される新たな水稲うるち玄米の検査規格に対応した「米鑑定ユニット RTQI1000A」を発売した。

機械鑑定する7項目のうち、「容積重」「水分」の検査に使用する機器として農水省から仕様確認を受けた。農水省は検査現場の負担軽減のため機械鑑定を前提とした新たな検査規格を策定し、22年産米から適用する。別売りの穀粒判別器と連動することで7項目の検査全てに対応する。

JAや精米工場など農産物登録検査機関の採用を見込む。
本体寸法 W450×D410×H670(mm)。
税込価格は55万円。

関連記事

  1. 粉体取り出し作業の軽減化と省人化を高効率にサポート
  2. 粉体・液体混合インラインミキサーの能力強化機種を発売
  3. 独自AIで捕獲昆虫のカウントと種別判定を実現
    新型LED捕…
  4. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  5. 機能性素材の研究・開発を迅速にサポート
  6. リアルタイムで測定する感圧システム
  7. データ解析機能付きATPふき取り検査キット発売
  8. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP