技術・機器の記事

新型デュアルエナジーセンサ搭載の X線検査機で高精度な検査ニーズに対応

アンリツが昨年11月より発売開始した新型デュアルエナジーセンサ搭載の X線検査機が高精度な検査ニーズに対応するソリューションとして注目されている。

従来のデュアルエナジー検査方式は、高/低2種類のエネルギー帯で得られたⅩ線透過画像の差分を取ることにより、変化のない部分が差し引かれ、異物だけが明確化される。そのため小骨など低密度の異物の検出に適しているが、新型デュアルエナジーセンサ搭載の本機では、従来は難しかった厚み40mmを超える食肉でも鮮鋭度の高いX線透過画像が取得できるようになった。

わが国での食肉消費量は2016年から2020年において約10%増加しており、海外からの輸入量も同傾向にある。海外調達の増加を背景に、受け入れ検査工程へもX線検査機の導入が進んでおり、従来機よりも更に高性能な検査機が求められるようになっている。

関連記事

  1. ウエノフードテクノ、食品に貼りつきにくいアルコール揮散剤「ETパ…
  2. 測定精度・再現性・使用感をブラッシュアップしたハイスペック温度計…
  3. キヤノンITS、異物・品質検査に画像AI技術を採用
    新世代…
  4. 化学物質の気中濃度をリアルタイム確認 個人ばく露濃度計
  5. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
  6. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  7. 監視機能搭載の温度・湿度・衝撃測定可能な新型ウォッチロガー
  8. 日本ウォーターズ、新型HPLCを発表

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP