未分類

天然色素市場の動向 ~安全・安心と健康イメージを訴求

食品用色素は消費者の健康志向を反映して、合成系の色素から天然系色素への流れが進み、市場を形成してきた。
天然系は合成系色素に比べて、発色や安定性などの点で劣るものが多いと思われていたが、製剤開発の進展により天然系でも安定性が高く発色の良い製剤が、幅広いジャンル・用途で使われるようになってきた。また、天然色素の機能性成分についての研究が進むにつれ、その機能性が着目され、色素の新たな一面としてクローズアップされるようになった。
本稿では、最近注目を集めている天然系色素について、原料事情などを踏まえつつ、市場及びサプライヤーの動向を探っていく。


<主なサプライヤー>
ヴィルド
癸巳化成
グリコ栄養食品
タイショーテクノス
大日本インキ化学工業
タマ生化学
日農食品販売
日本カラメル工業会
  天野実業
  池田糖化工業
  昭和化学工業
  仙波糖化工業
  森田フードシステム
日本葉緑素
保土谷化学工業アイゼン事業部
三井製糖
三菱化学フーズ
ヤヱガキ醗酵技研
理研ビタミン

関連記事

  1. 編集部から
  2. 【8月号】食品加工のための乳化剤の市場動向
  3. 海外開発トピックス
  4. DHA・EPA協議会 公開講演会より
  5. 食品工場のオンライン計測・IT制御技術
  6. 【12月号】機能性甘味料の市場動向
  7. オゾンによる除菌・消臭作用の利用技術
  8. HIE 2010(スペイン・マドリッド)視察レポート

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP