技術・機器の記事

長年のNIRの知見をもとに国産の液体試料向けNIR装置を独自開発

液体計測専用近赤外分光アナライザ「A8860」

ニレコでは、このほど液体試料向けの近赤外分光アナライザ「A8860」を開発した。

食用油・飲料などの大型グレーディング(回折格子)とモノクロメーター(分光ユニット)採用による高品質スペクトルをベースに、開発スピードの向上、互換性部品の適用、コスト削減を目指し最適化された透過測定機構を実現した。試料ごとに装置内で60℃までの温度制御機構と連動する自動測定機能を搭載し、手間のかかる検体の温度管理の心配をしなくていい。

また簡易オートサンプラー機能搭載により、標準で2連の液体試料の自動測定を可能とした。測定波長範囲は400~2500nm。制御ソフトウエアは使い易さを重視したユーザーインターフェイスの開発に注力し、シンプルな操作性を実現している。

関連記事

  1. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  2. 中小企業のHACCP導入をスムーズにするクラウドサービス
  3. 簡単設置のオイルミスト混入検査装置発売
  4. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  5. 厨房・食品工場用調理器具の効果を検証しながら美味しさアップや食の…
  6. 酵素法ヒスタミン検出キットでAOAC PTM認証
  7. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…
  8. マイクロ波加熱装置が食材乾燥や茶葉焙煎で引き合い
    炉内ワー…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP