技術・機器の記事

従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上

水と油の高分子スペシャリストとして研究開発型企業を目指す株式会社MORESCOでは、新たに開発した可溶化製剤を利用して、機能性素材をナノ水溶液化し、生体利用率を上げる技術を開発した。

これまでのナノ化との違いはそのサイズが極めて小さいこと。機能性成分を可溶化剤に溶解させ、これを水系媒体に希釈した時、粒子径が6~12nm、PDI値0.1以下の水中油型ナノエマルションを得ることができる。機能性成分としては比較的脂溶性の低いクルクミンから、脂溶性の高いCoQ10やトコフェロールまで幅広く対応できる。これら難溶性の機能性成分をシングルサイズの水溶液とすることで生体利用率の向上を期待できる。

同社では10月2~4日の食品開発展に、この技術を初披露。連日プレゼンテーションセミナーを開催し、素材メーカーや健康食品メーカーへ技術の提供を呼びかける。

※食品開発展についての詳細は⇒ https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. 食品含有成分量測定が生産ライン上で可能に
    独製ハイパースペ…
  2. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…
  3. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  4. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  5. 全自動強制手洗器をリニューアルHACCP対策に親和性高まる
  6. 非接触・非破壊で硬さ(柔らかさ)の見える化を実現
  7. 軟包装用のガス式無菌充填包装システムの受注活動を加速
  8. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算

おすすめリンク先

PAGE TOP