技術・機器の記事

従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上

水と油の高分子スペシャリストとして研究開発型企業を目指す株式会社MORESCOでは、新たに開発した可溶化製剤を利用して、機能性素材をナノ水溶液化し、生体利用率を上げる技術を開発した。

これまでのナノ化との違いはそのサイズが極めて小さいこと。機能性成分を可溶化剤に溶解させ、これを水系媒体に希釈した時、粒子径が6~12nm、PDI値0.1以下の水中油型ナノエマルションを得ることができる。機能性成分としては比較的脂溶性の低いクルクミンから、脂溶性の高いCoQ10やトコフェロールまで幅広く対応できる。これら難溶性の機能性成分をシングルサイズの水溶液とすることで生体利用率の向上を期待できる。

同社では10月2~4日の食品開発展に、この技術を初披露。連日プレゼンテーションセミナーを開催し、素材メーカーや健康食品メーカーへ技術の提供を呼びかける。

※食品開発展についての詳細は⇒ https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速
  2. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  3. 低温冷水の安定・大量供給を実現する新装置発売
    食の安全・…
  4. 測定精度・再現性・使用感をブラッシュアップしたハイスペック温度計…
  5. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  6. 微酸性次亜塩素酸水を活用した青果・野菜類活性化装置
  7. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  8. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP