技術・機器の記事

従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上

水と油の高分子スペシャリストとして研究開発型企業を目指す株式会社MORESCOでは、新たに開発した可溶化製剤を利用して、機能性素材をナノ水溶液化し、生体利用率を上げる技術を開発した。

これまでのナノ化との違いはそのサイズが極めて小さいこと。機能性成分を可溶化剤に溶解させ、これを水系媒体に希釈した時、粒子径が6~12nm、PDI値0.1以下の水中油型ナノエマルションを得ることができる。機能性成分としては比較的脂溶性の低いクルクミンから、脂溶性の高いCoQ10やトコフェロールまで幅広く対応できる。これら難溶性の機能性成分をシングルサイズの水溶液とすることで生体利用率の向上を期待できる。

同社では10月2~4日の食品開発展に、この技術を初披露。連日プレゼンテーションセミナーを開催し、素材メーカーや健康食品メーカーへ技術の提供を呼びかける。

※食品開発展についての詳細は⇒ https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  2. コスパ優れたローエンドモデル水分活性測定計発売
  3. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…
  4. 研究開発からパイロットプラントまで対応可能なUHT熱交換器装置
  5. 農水規格対応のコメ容積重・水分検査鑑定ユニット発売
  6. ウイルス・細菌対策用エタノール製剤「エークイックFORTE」新発…
  7. 製造業がチャンスをつかむために必要なデジタル・ソリューションとは…
  8. 鮮度保持とHACCP制度化で注目
    窒素ガス発生装置と除菌フ…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP