技術・機器の記事

従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上

水と油の高分子スペシャリストとして研究開発型企業を目指す株式会社MORESCOでは、新たに開発した可溶化製剤を利用して、機能性素材をナノ水溶液化し、生体利用率を上げる技術を開発した。

これまでのナノ化との違いはそのサイズが極めて小さいこと。機能性成分を可溶化剤に溶解させ、これを水系媒体に希釈した時、粒子径が6~12nm、PDI値0.1以下の水中油型ナノエマルションを得ることができる。機能性成分としては比較的脂溶性の低いクルクミンから、脂溶性の高いCoQ10やトコフェロールまで幅広く対応できる。これら難溶性の機能性成分をシングルサイズの水溶液とすることで生体利用率の向上を期待できる。

同社では10月2~4日の食品開発展に、この技術を初披露。連日プレゼンテーションセミナーを開催し、素材メーカーや健康食品メーカーへ技術の提供を呼びかける。

※食品開発展についての詳細は⇒ https://www.hijapan.info/

関連記事

  1. 高濃度・高粘度での大流量循環運転が可能なムゲンフロー®を初披露
  2. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  3. 大規模~小規模まで様々な食品製造現場にあった殺菌水の提案
  4. 品質管理ITシステムに新機能追加―業務の効率化を推進
  5. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  6. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  7. テストー 耐熱・耐圧データロガーなど新製品4アイテムを発表
  8. 簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP