未分類

【市場動向】野菜・果実素材の市場動向


健康志向の浸透と生活習慣病予防の観点から野菜や果実を多く摂取したいという意識が高まってきている。しかし、家庭での主婦の調理時間の減少や個食化の増加など食生活の変化に伴い、日常の食事では十分な野菜・果実を摂取できていないと感じている人も多い。このため、簡単に野菜不足を補えるよう考えられた様々な野菜加工製品が開発されている。
最近では野菜・果実の加工技術も向上し、食感や味・香りなど野菜本来の旨味や味を再現した素材が上市されている。
また、機能研究の進展で、身近な野菜・果実から機能性を強調した素材も開発されている。
本稿では、生活習慣病を予防するという意識の高まりとともに摂取意欲の高まっている野菜・果実素材の開発と利用動向を探っていく。
<主な野菜・果実素材サプライヤー>
ヴィアノーベ
キッコーマン
スプラウト
ニチレイバイオサイエンス
日東富士製粉
マリーンバイオ
八尋産業
ユニチカ
ロブソン

関連記事

  1. 【1月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(13)
    食…
  2. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ5
  3. 【3月号】健康食品の市場動向と素材・技術研究③
  4. 天然・健康志向で注目される野菜・果実原料
  5. 【HACCP支援】洗浄・除菌剤と衛生管理サービス
  6. 骨対策の流れが変わる“骨質”に注目
  7. オリザ油化の「イサダオイル」、ヒト試験で抗肥満効果を確認
  8. クローズアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP