関連トピックス

2023年1-3月期における豆乳類の生産量は前年同期比94.5%、無調整豆乳はほぼ同量

日本豆乳協会が発表した2023年1-3月期における豆乳類の生産量は91,021kL、前年同期比94.5%となった。
分類別に生産量をみると、
・豆乳(無調整) 29,126kL(100.3%)微増傾向が続いている
・調製豆乳 44,149kL(93.2%) 減少
・果汁入り豆乳飲料 3,558kL(96.3%) 減少
・フレーバー系の豆乳飲料(その他)11,287kL(87.3%)前年同期を下回る
・その他(業務用など) 2,901kL(89.3%)

豆乳協会では、「豆乳(無調整)」の増加の要因として、
・豆乳の特長や成分の優位性に触れる機会が増えたことが後押しとなり、豆乳愛飲者によるリピート購入が増加
・季節柄、豆乳鍋やシチュー等の料理需要が拡大した
ということを要因として挙げている。ただし、社会情勢やエネルギー問題等の外部環境の影響、消費者マインドの低下、買い控え等が影響し、無調整豆乳以外の豆乳類では前年同期比を下回る結果となったと考えている。

日本豆乳協会は、国民一人あたりの豆乳(類)年間飲用消費量を4Lに増加させ(2022年3.4L)、年間総生産量を50万kLにすることを目標に、豆乳に対する理解や関心を高めるために様々な啓発・啓蒙活動を展開している。

関連記事

  1. 「パセノール™」がサーチュイン遺伝子の発現を増加させることをヒト…
  2. 物産フードサイエンス「愛知ブランド企業」に認定
  3. 第28回腸内細菌学会学術集会を6月に開催―腸内環境の最新研究と社…
  4. 食品添加物公定書(第9版追補版1)を公表
  5. 腸内環境に関する最新研究を発表―第3回抗酸化・機能性研究会開催
  6. 結晶セルロース Galacticジャパン、6月から営業活動を開始へ
  7. 「2019モバックショウ」が開幕
    製パン・製菓の最新技術が…
  8. EGCGは腸内細菌叢と胆汁酸との相互作用を調節して脂肪性肝疾患を…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP