未分類

【N-tecレポ】ますます重要になる安全性・有用性のエビデンスの取得

食品分野の臨床・前臨床試験機関の動き


 食品の有用性・安全性の科学的検証に必要な各種試験を請け負う受託試験事業が注目されている。近年は、トクホ申請や「食の安全確保」対策、景表法「不実証広告規制」対策――などによって「科学的根拠」を重視する傾向がますます強まってきた。トクホ認可取得に必要な各種試験、販促もしくは表示規制対策の有効性検証試験、安全性試験のニーズは益々高まっており、「食品の臨床・前臨床試験」の需要が急拡大している。本稿では食品の安全性・有用性試験ビジネスの最前線をリポートする。
【主な受託機関】
イナリサーチ
岩瀬コスファ
SRD生物センター
エスカルラボラトリーズ
ケイ・エス・オー
CPCC
新薬開発研究所
総合健康開発研究所
TTC
日本バイオリサーチセンター
パナファーム・ラボラトリーズ
ヒューマR&D
保健機能食品評価センター
メルシャンクリンテック

関連記事

  1. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  2. 【特別レポ】チア・シード
  3. 野菜・果実素材の市場動向
  4. 【素材レポ】乳酸菌と野菜成分による免疫賦活効果
  5. ユベリ博士の独創的ダイエット論(10)
  6. 【支援技術】新製品開発のための試作用機器
  7. 日本清涼飲料研究会「第30回研究発表会」を開催-機能性や加工特性…
  8. 【健康素材】大豆食品、大豆由来機能素材の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP