未分類

【連載】ニュートリゲノミクスの新展開

<シリーズ3>

DNAマイクロアレイによる特産品の機能性研究

   ―都市エリア産学官連携促進事業における十勝エリアの試み―
  帯広畜産大学  得字 圭彦、大西 正男
  城西大学薬学部  和田 政裕


<主な内容>
はじめに
1.地元特産物の機能性評価へのDNAマイクロアレイの活用
2.十勝産農作物の食品機能性
3.今後の展望

関連記事

  1. 高齢化、二極化で様変わりする消費動向
  2. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  3. 有機酸の最新市場動向
  4. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  5. 食品分野における画像処理・文字検査装置の最新動向
  6. 【品質安全】Food ITソリューションの最新動向
  7. 【4月号】におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指して
  8. 【特別レポ】「血管力」素材“糖転移ヘスペリジン”

おすすめリンク先

PAGE TOP