関連トピックス

腸内フローラのビッグデータを提供するサービスがさらに進化

サイキンソーは、自社で運営する腸内細菌叢データ提供サービス「Cykinsoデータ分譲サービス」を大幅にアップデートすることを発表した。本サービスは2024年1月に開始され、これまで大学病院を中心に医学研究に貢献してきたが、今回のアップデートにより、新たに食品の臨床試験やマーケティングのエビデンスとしての活用が期待される。

最も顕著なアップデート内容としては、腸内細菌叢匿名加工情報の提供可能データ数が従来の約6倍である56,312検体に拡大されたことだ。この検体数は日本最大級である。また、項目として乳幼児の発育や女性の周産期など生活習慣情報のデータが追加され、より詳細な項目についても研究、マーケティングに使用することができるようになった。

「Cykinsoデータ分譲サービス」で扱われるデータは、個人向けの腸内フローラ検査サービス「マイキンソー」で集められた健常人の腸内細菌叢データを匿名化したものだ。腸内フローラを扱う食品メーカー、健康食品メーカーの研究者にとっては、今後の商品開発へのヒントとなるだろう。

関連記事

  1. 物産フードサイエンス、「パン類の生地改良及び食感改良剤」にて発明…
  2. 物産フードサイエンス、ケストースの研究と実用化で日本栄養・食糧学…
  3. 森永乳業の「ビフィズス菌A1」の認知機能を改善する作用を確認
  4. SDGs対応とグローバル対応が業界の課題
    日包工賀詞交歓…
  5. トマト種子エキスの皮膚炎症改善作用と肌弾力改善作用について発表
  6. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  7. ATP・迅速検査研究会オンラインセミナー「コロナ禍の衛生管理」配…
  8. トレハロースシンポジウム、9月にハイブリッド開催

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP