関連トピックス

Natural Products EXPO WEST 米国の自然食品展-植物プロテインの活況、CBD関連の出展が激増

米国最大規模の自然・健康食品展「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト」が3月6日~9日の4日間、カリフォルニア州アナハイムで開催され、国内外から3580社が出展した。「CBD(カンナビジオール)」の出展者数が前年の3倍に増加し、各企業の提案がさらに活発化。約8万8000人が来場したとみられる。

■Plant Based Food(植物由来食品)の台頭
オーツ麦ミルク 牛乳代替として活況。アーモンドミルク、ココナッツミルクなども
フェイクミート 大豆たん白使用のステーキやジャーキーも
フェイクたまご ひよこ豆やオーツ麦を使った卵代替
植物プロテイン アーモンドたん白も登場
・プロテイン関連は、将来のタンパク質危機を見据えた「昆虫食」の提案も

■ストレス軽減や快眠サポートを訴求する提案も多く、スポーツ用途などで市場が急成長 する「CBD」関連の出展社数は140社超。前年の 47 社から3倍に激増した。オイルやグミ、サプリメント、バーム、ハーブティーなど、「CBD」を配合した多様な剤型の商品が披露された。

■今回注目が集まったテーマは、低炭水化物かつ高脂肪の「ケトジェニック食」。良質な脂 質を多く含む「グラスフェッドギー」「MCTオイル」を配合した各種製品が展示された。

■ヴィーガンやローフード対応の美容食では、ゴマをペースト状にした調味料「タヒニ(Tahini)」。地中海料理に使用され、トーストやスープにも使える。今後日本にも浸透するとみられる。

■プロバイオティクスでは、ニュートリションバーやヨーグルト、チョコレートなど一般食品剤型も数多く出品された。

■スーパーフードは、モリンガ配合の「エナジーバー」などが展示。飲食しても罪悪感がないギルトフリー製品として注目を集めていた。また、アントシアニンやビタミンCが豊富な「エルダーベリー」の展示が増加、ハーブティーやジャム、グミに配合した製品が数多くみられた。

※健康産業新聞のホームページにも関連の記載があります。併せてご覧ください。
⇒ https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/11872

関連記事

  1. 染野屋、日本初「プラントベース・ミンチお披露目会」開催-挽肉と同…
  2. BASF社シトラス工場3月末めどに操業再開へ
    修復状況を専…
  3. トマト種子エキスの皮膚炎症改善作用と肌弾力改善作用について発表
  4. ブルーベリー茎葉抽出成分中に新型コロナウイルスの不活化効果
  5. ATP・迅速検査研究会が10/17(木)に定例講演会を開催
  6. ケストースの多様な機能性―ハナバチ用飼料で発明奨励賞受賞
  7. AIFN、「バイオ食品」に関する最新動向セミナー開催
  8. 包装をめぐる環境対応に一層の重要性
    包装界合同新年会で藤…

おすすめリンク先

PAGE TOP