関連トピックス

ナガセヴィータ、EcoVadis社のサステナビリティ調査で最高位の「プラチナ」評価を獲得

ナガセヴィータ(旧 林原)は、サプライチェーンに関する国際的な評価機関であるフランス・EcoVadis社(エコバディス社)のサステナビリティ調査において、最高位の「プラチナ」評価を獲得したことを発表した。

EcoVadis社は、180か国以上の国で、220以上の業種、130,000社以上のサプライヤー企業の持続可能性(サステナビリティ)を、独自の審査と分析によって客観的に調査・評価している。ナガセヴィータは2022年にゴールド、2023年にシルバーの評価を得ており、このたびは、対象企業のうち、スコアが上位1%以内の企業が認定される「プラチナ」評価を獲得した。

このたびの調査では、特に「環境」での方針・実施対策、「労働と人権」での方針、「持続可能な資材調達」での方針・実施対策・結果という分野においてスコアを伸ばした。また、「環境に優しい、または生物を原料とした原材料を使用している」という点も認められ、その結果が「プラチナ」評価につながったと考えられている。

同社は4月より「株式会社林原」から社名を「ナガセヴィータ株式会社」に変更した。今後さらにSDGsに向けた取り組みの強化を目標としている同社にとって、このタイミングでの最高位の評価獲得は、新たなスタートを飾る出来事となった。

※エコバディス(EcoVadisメダル)の評価の基準
プラチナ(上位1%以内)、ゴールド(上位5%以内)、シルバー(上位15%以内)、ブロンズ(上位35%以内)
企業がメダル獲得の資格を満たすには、環境、倫理、労働と人権、持続可能な調達という4つのテーマにおいて30以上のスコアを達成する必要がある。

関連記事

  1. 食品添加物を不安に思うきっかけ「無添加表示」が第1位 食品安全委…
  2. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  3. 食品と開発 ニュース デュポン ニュートリション&ヘルスが、新たに「ニュートリション&…
  4. シュガーエステル製造を2拠点に
  5. 【レポート】付加価値訴求で「海洋深層水ミネラル」の採用が拡大
  6. ATP・迅速検査研究会オンラインセミナー「コロナ禍の衛生管理」配…
  7. トマト種子エキスの皮膚炎症改善作用と肌弾力改善作用について発表
  8. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP