関連トピックス

2024年1-3月期の豆乳生産量は前年同期比99.1%、無調整豆乳は増加

日本豆乳協会は先ごろ、2024年1-3月期における豆乳市場の動向を発表。豆乳類全体の生産量は90,224kL(前年同期比:99.1%)となった。

豆乳類の生産量を分類別にみると、
豆乳(無調整) 29,764kL(102.2%)
調製豆乳 43,975kL(99.6%)
果汁入り豆乳飲料 3,291kL(92.5%)
フレーバー系の豆乳飲料(その他) 10,258kL(90.9%)
その他(業務用) 2,937kL(101.2%)

「豆乳(無調整)」は、ECサイトでの箱買い、スーパーでの1Lパックの購入、テレワークの減少に伴うコンビニでの購入の増加など、愛飲者のリピート購入が増えたうえ、豆乳鍋やシチュー等の料理需要が拡大したことが増加の要因と考えられている。また、外食需要の回復に伴い、業務用の需要も回復していると推測されている。

関連記事

  1. 第40回記念講演会を3月14日(木)に開催
    食品安全行政や…
  2. 食品と開発 ニュース 中国現地で加工食品のソリューション開発を提供
  3. 最近の行政ニュース(~7/6)
  4. 豆乳 家庭内で豆乳購入率が増加し、高校生の摂取頻度が増加傾向に
  5. 新会社名はノボネシスに
  6. 太陽化学のサンファイバー®が自閉症スペクトラム障害児童の腸内環境…
  7. 三菱ケミカルグループ、麹菌由来の代替肉を提供する米国スタートアッ…
  8. ブルーベリー茎葉抽出成分中に新型コロナウイルスの不活化効果

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP