技術・機器の記事

バクテリア・セルフチェッカー「mil-kin」が
「携帯形微生物観察器」としてJIS化

アクアシステムは先ごろ、同社のバクテリア・セルフチェッカー「mil-kin(見る菌)」(写真)が「携帯形微生物観察器」JIS B 7171に制定されたと発表した。

経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用したもので、所定の審議により、その性能特性評価等の標準化が3月20日付で決定をみたもの。食品調理・加工現場で菌や汚れを簡便・迅速に「見える化」することで的確・迅速な対応を促し、食の安全・安心を実現するという同チェッカーの製品コンセプトが今回のJIS化で客観的に評価された意義は大きく、HACCP制度化に伴う食品衛生管理強化の流れに沿った標準化ツールとして、今後その普及に一層の拍車がかかるものと見られる。

同チェッカーは、スマートフォンのカメラ機能を使って細菌や汚れを光学倍率1,000倍で撮影・記録することができる携帯形微生物観察器。
サンプリングは簡便で、
①細菌や汚れを確認したい箇所を綿棒などでふき取る
②対物レンズ上の試料ステージに直接塗布または滴下
③スマートフォンのカメラ機能を使って静止画や動画をデジタルで撮影・記録する
―だけ。

スマートフォンの大画面で細菌や汚れが確認できるほか、プレゼンやレポート、論文などへのデータの貼付、HACCPの日常の記録保存などに役立てることもできる。異物混入の懸念を生じさせるガラス製のプレバラートも不要なため安心して現場に持ち込める。単三電池2本で動き、白衣などのポケットに入るコンパクトサイズのため、携帯性にも優れる。

同社では、今回のJIS化を受け、4月16日に取扱店説明会を実施する。
参加者は20社限定(各社1名ずつ)。
会場は東京・千代田区の朝日生命大手町ビル2階。
同説明会の詳細確認と申込みはホームページ(https://www.mil-kin.com/contact)から行える。

関連記事

  1. 紙・プラ代替素材「LIMEX」の用途開発で基本合意
    LIM…
  2. シンプルな操作性に様々な新機能を追加したおんどとりTR7Aシリー…
  3. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  4. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  5. 鮮度保持とHACCP制度化で注目
    窒素ガス発生装置と除菌フ…
  6. 現場で使い易い携帯型元素分析装置
  7. 潤滑・離型剤スプレーをより使い易くリニューアル発売
  8. JFEシステムズ記事イメージ 原料規格書管理限定エントリーモデルを発売
    「Mercriu…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP