技術・機器の記事

バクテリア・セルフチェッカー「mil-kin」が
「携帯形微生物観察器」としてJIS化

アクアシステムは先ごろ、同社のバクテリア・セルフチェッカー「mil-kin(見る菌)」(写真)が「携帯形微生物観察器」JIS B 7171に制定されたと発表した。

経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用したもので、所定の審議により、その性能特性評価等の標準化が3月20日付で決定をみたもの。食品調理・加工現場で菌や汚れを簡便・迅速に「見える化」することで的確・迅速な対応を促し、食の安全・安心を実現するという同チェッカーの製品コンセプトが今回のJIS化で客観的に評価された意義は大きく、HACCP制度化に伴う食品衛生管理強化の流れに沿った標準化ツールとして、今後その普及に一層の拍車がかかるものと見られる。

同チェッカーは、スマートフォンのカメラ機能を使って細菌や汚れを光学倍率1,000倍で撮影・記録することができる携帯形微生物観察器。
サンプリングは簡便で、
①細菌や汚れを確認したい箇所を綿棒などでふき取る
②対物レンズ上の試料ステージに直接塗布または滴下
③スマートフォンのカメラ機能を使って静止画や動画をデジタルで撮影・記録する
―だけ。

スマートフォンの大画面で細菌や汚れが確認できるほか、プレゼンやレポート、論文などへのデータの貼付、HACCPの日常の記録保存などに役立てることもできる。異物混入の懸念を生じさせるガラス製のプレバラートも不要なため安心して現場に持ち込める。単三電池2本で動き、白衣などのポケットに入るコンパクトサイズのため、携帯性にも優れる。

同社では、今回のJIS化を受け、4月16日に取扱店説明会を実施する。
参加者は20社限定(各社1名ずつ)。
会場は東京・千代田区の朝日生命大手町ビル2階。
同説明会の詳細確認と申込みはホームページ(https://www.mil-kin.com/contact)から行える。

関連記事

  1. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  2. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  3. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  4. 日本市場での販売網拡大でセラミック膜の提携企業を募集
  5. 「吸湿機能付きイージーピール蓋材」を開発
    吸湿機能で内容物…
  6. 嚥下困難者用食品やユニバーサルデザインフード対応レオメーター
  7. 1時間に12サンプル抽出を実現する自動高圧溶媒抽出装置
  8. 軟質から中硬質までの多様な原料の破砕に最適な衝撃式破砕機

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP