未分類

【分析・計測】食品分野における水分測定技術の最新動向

~品質管理と環境対策ニーズで注目高まる~


食品中の水分測定は製品開発から品質管理まで様々な場面で行われている。さらに米穀類や牛乳など特定業種に至っては製品規格となっており、水分値は品質管理上だけではなく、重量取引上においてもいわゆる“水増しトラブル”などを防止するための重要なファクターとなっている。
水分測定は、その使用場面や用途によって簡易型から高精度タイプまで様々な機種がある。ラボで使用される卓上用分析計では、公定法や準公定法に基づいた機器の迅速化、自動化、高精度化が進み、種類も充実している。また、ライン用ではHACCP対応プラントなどにおいて、非接触・非破壊による計測技術が現場にあった手法として貢献するなど注目されている。
【主な装置取り扱い企業】
ケツト科学研究所
メトラー・トレド
アステック
京都電子工業
ダイアインスツルメンツ
平沼産業
ジェイティエンジニアリング
イーオス
オガ電子

関連記事

  1. 【支援技術】食品業界の異物混入対策、防虫対策は万全か!
  2. 新しい食品開発の流れはここから、第18回食品開発展開催!
  3. 【9月号】異物混入対策のための防虫機材
  4. 品質管理に欠かせない酸素濃度モニタリング
  5. 突きつけられる食糧問題と食品産業の課題
  6. 海外開発トピックス
  7. 【素材レポ】屋久島産ボタンボウフウの血管機能改善作用
  8. 【支援技術】食品製造プロセス&環境対策で用途拡がる分離・濾過技術…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP