未分類

【市場動向】食物繊維素材の最新市場動向

最近の食物繊維市場をみてみると、食物繊維の摂取不足を解消するための素材というだけでなく、腸内環境の改善やダイエット、メタボ対策素材としての期待が大きくなっている。


また、食品加工においては、水産練り製品、冷凍食品、菓子など幅広い分野の物性改良用途で機能を発揮しており、まだまだ応用が進む市場だと捉えられている。世界的にはCODEXで長年議論が続けられていた食物繊維の世界共通定義が決定をみた。
本稿では、食物繊維素材に関する話題と食物繊維取り扱い企業の動向を中心に最新の動きをみていく。
主な食物繊維サプライヤー
【難消化性デキストリン】
松谷化学工業
【ポリデキストロース】
ダニスコジャパン
【グァーガム酵素分解物】
太陽化学
明治フードマテリア
【イヌリン(砂糖由来)】
フジ日本精糖
【アラビノキシラン】
【レジスタントスターチ】
【コーンファイバー】
日本食品化工
【グルコマンナン】
清水化学
【セルロース】
旭化成ケミカルズ
栄研商事
日本製紙ケミカル
【小麦ふすま】
日本製粉
【サイリウム(オオバコ)種皮由来繊維】
シキボウ
【リンゴ食物繊維】
ユニテックフーズ
【ポテトファイバー】
Fiニュートリション
【ビートファイバー】
日本甜菜製糖
【寒天】
伊那食品工業
【酒粕再発酵物】
ヤヱガキ醗酵技研
【エンドウファイバー】
オルガノ
【チアシード】
ラティーナ

関連記事

  1. 【HACCP支援】食品工場の洗浄・除菌剤と周辺資材
  2. 海外開発トピックス
  3. 海外開発トピックス
  4. 食品分野における天びん・はかりの最新動向
  5. 【素材レポ】注目の抗酸化素材“リンゴポリフェノール”
  6. 食品産業における用水と排水の最新動向
  7. 乳化剤の最新動向
  8. 特別用途食品の制度見直しは医療費削減に繋がるか

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP