行政・業界ニュース

山形県内企業のエビデンス 付与を支援、50団体で活用

山形県庄内地域産業振興センターでは、山形県内におけるバイオ研究の活性化や地域産業への展開を目指し、バイオクラスター形成促進事業を推進している。

慶応義塾大、山形大などの大学研究機関と連携し、県内企業に向けて、新規事業の創出、自社製品の高付加価値化、エビデンスの付与を支援している。現在までに㈱機能性ペプチド研究所や(有)舟形マッシュルーム、(株)高研など50の企業・団体で活用されている。

本記事は「健康産業新聞 1649号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【特集】<中国地方>カキ、グルコサミン、エラスチンなど有力素材を産出
・兵庫県支援事業、「ケール」「桑の実」などで商品開発
・【夏季特別座談会】機能性表示食品、1兆円市場は可能か -産官学の有識者に聞く課題と展望-

行政・業界ニュース

  1. 食品開発展2018b
  2. 機能性表示食品開発ガイド2018健康産業新聞

企業ニュース

  1. 健康産業新聞165406aアピ
  2. 健康産業新聞1653アピ野々垣社長
  3. 健康産業新聞165305cイヌリン

特集

  1. 健康産業新聞163538人参
  2. 健康産業新聞1653乳酸菌d
  3. 健康産業新聞165240ヘアケアb
PAGE TOP