行政・業界ニュース

連載【話題追跡】DNSサプリから禁止指定成分が検出、製造工場の審査基準に疑問?

大手スポーツサプリメントメーカー㈱ドーム(東京都港区)が販売するサプリメントから禁止薬物成分が検出された。検出量は微量で、ドーピング検査で陽性反応が出る可能性は極めて少ないとのことだが、国内有数のスポーツサプリブランドから禁止成分が検出されたのは大きな衝撃だ。該当するサプリメントは、JADAが規定するガイドラインで推奨されている国内工場で製造されており、禁止薬物成分が混入した過程は不明。DNSは、反ドーピングを大きく推進してきたブランドなだけに、その経緯に大きな注目が集まっている。

ドームは、9 月末、読売巨人軍に提供中のサプリメント『アイアンSP(スーパープレミアム)』から、世界反ドーピング機関(WADA)が指定する3 種類の禁止薬物成分が検出されたと発表した。

同品は、鉄分、銅、CoQ10、ビタミンを配合したサプリメントで、検出された成分は、DHEAなど3 成分。今年6 月の発売後、反ドーピング認証「インフォームドチョイス」を取得する工程で判明した。同社では、製品の回収、アスリートへの注意喚起を行い、混入経緯について調査を進めている。

同社執行役員の青柳清治氏は、「認証を取得する過程で判明した。かなり頻繁に発生していることが懸念される。認証を取得する重要性が浮き彫りとなった」とコメント。インフォームドチョイスの検査レベル、分析精度の高さを強調した。

一方で、「アスリート向けに提供する新商品を上市する際、前もって禁止薬物成分に関する分析を行うべきでは?」(大手プロテインメーカー)、「ブランド全体で認証を取得しないと誤認するアスリートも多いのでは?」(スポーツファーマシスト)、「万一を考えてサプリは摂取したくない」(現役アスリート)という声も聞かれる。

反ドーピングをめぐっては、国内完結型の認証を行っていた㈱アトラクが9 月に経営破綻し、実質インフォームドチョイスの独壇場となっているだけに、ドームによる早急な原因究明が待たれる。

『アイアンSP』は、日健栄協GMP及び米国cGMP認証を取得した国内工場で製造されており、スポーツサプリメントの製造施設審査の基準への疑問も残る。日本反ドーピング機関(JADA)は、「cGMPに相当するスポーツサプリメントに適したGMPを基準とし、認証を取得し維持する」を推奨しているが、日本健康食品規格協会の池田秀子理事長は、「製造工場のcGMPの認証工程において、同一性が担保されず、試験能力が欠如していた可能性がある。

DHEAは医薬品成分に該当し、薬機法にも抵触するため反ドーピングの枠に留まらない問題と考えている」とし、「微量であるから健康被害の可能性が少ないという問題ではなく、本来入ってはいけない成分がコンタミした原因について徹底的に検証する必要がある。詳細なデータが出れば、混入経緯と共に公表する予定だ」と述べた。

東京オリンピックを目前に控える中、盛り上がるスポーツニュートリション市場。各メーカーのアンチドーピングに対する姿勢に、より一層注目が集まっている。

本記事は「健康産業新聞 1679号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

・追跡【話題】健康のワンスプーン「アマニ油」、市場規模100億に

・追跡【話題】ゲノム編集食品解禁、なぜ表示は義務化されないのか

  ・【話題追跡】フィットネス市場、過去最高を更新 多様なニーズ受け、専門店化進む

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP