行政・業界ニュース

連載【追跡話題】健 康 の ワ ン ス プ ー ン 「 ア マ ニ 油 」、 市 場 規 模 100億 に

拡大する「新油」市場。なかでも、アマニ油、エゴマ油が市場を押し上げている。「再三にわたるメディア放映」「機能性表示食品の登場」「大手参入」「主婦層・若年層開拓」など、さまざまな要因がリンクしているようだ。アマニ油は市場がシュリンクした時期もあったが、日本経済新聞が「異例の復活」と報じたように、市場規模は100億円にリーチがかかるまでに。好循環を生み出した背景にあるものとは?

■アマニ油、エゴマ・シソ油、米油を中心とした「新油」市場の拡大

2018年の市場規模は250億円に到達、2014年(90億円)から3 倍弱に急拡大している(日清オイリオグループ調査)。“食べる油”“サプリ的オイル”として、サプリメントから一般食品まで、さまざまな分野で商品化されている。なかでも伸長著しいのはアマニ油とエゴマ油。アマニ油のマーケットサイズは、前年比65%増の98億円に拡大。フロントランナーである日本製粉をはじめ、日清オイリオグループ、キユーピー、J-オイルミルズなど、大手各社がアマニ配合商品を積極展開、機能性表示食品も登場している。TVの健康番組で再三にわたり放映されたことも追い風となったようだ。

最近でも、「この差ってなんですか?」(TBS)で「高血圧や動脈硬化を予防する健康のワンスプーン・アマニ油」として放映されたほか、8 月17日の「満点☆青空レストラン」(日テレ)では北海道・当別町のアマニの栽培・搾油風景を放映、番組内では、本紙の「注目の植物油特集」も紹介された。日本経済新聞では、「何にでもOK アマニ油若者つかみ異例の復活」として、一過性のブームでスーパーの棚から消えるジャンルが多い中、(一度市場がシュリンクしたものの)アマニ油が若年層を取り込み、ここ1 ~ 2 年で盛り返したことを報じている。

■エゴマ油は、69億円市場(前年比27%増)を形成

昨年11月のN H K「ガッテン」で「スプーン1 杯でカラダが激変!食べるアブラの新常識」の中で取り上げられたことを機に、再ブレイク。今年4 月にも、T BS「名医のT H E太鼓判!」で放映されるなど、新規顧客の開拓が急ピッチで進んでいる。

創健社では、「19年3月期決算では、エゴマ油の伸長によって増収増益を果たした」とするほど。新油市場の中で圧倒的な存在感を示しているアマニ油とエゴマ油。いずれもT V放映が追い風となってはいるが、認知の拡大が進むとともに、栄養価と機能性が評価され、市場に定着した。外食産業でもアマニ油やエゴマ油を配合することで、付加価値を高めたメニュー開発も目立つ。「新油」市場のさらなる拡大に欠かせないのは機能性表示食品だ。

アマニ油では、日本製粉、日清オイリオグループ、キユーピーが受理されており、「血圧対応」「悪玉コレステロール値の低下」に関する機能性表示が可能となっている。大手百貨店のバイヤーによると、「サプリメント分野よりも、油分野における機能性表示食品への期待は大きい。普段使いの商品に付加価値を与えられるのは大きなアドバンテージになる」と分析している。

 

本記事は「健康産業新聞 1677号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

・特集【大阪府】インバウンド需要で経済活性化

・特集【北海道】独自の機能性表示、累計115品に

・特集【毛髪・頭皮ケア】ボタニカル人気継続植物由来成分、上市続々

・特集【快眠サポート】機能性表示100品超に

 

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

 

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP