特集

特集【南米由来機能性素材】活力系マカ、“女性を応援する天然ハーブ”でも注目

米地域は、天然素材の宝庫として知られる。認知度抜群のマカは、活力系素材の代表格として定着。今年もサプリメント、エナジードリンクなど、各社より新商品が上市されている。また、女性のホルモンバランス調整作用、更年期症状の改善、睡眠障害の改善作用など、原料サプライヤーによるエビデンスデータの蓄積が実を結び、“女性を応援する天然ハーブ”としての認知も進む。アサイー、チアシード、キヌア、カムカム、マキベリーなどは、国内のスーパーフードブームを機に認知が向上。サプリメント、飲料、菓子類のほか、外食産業での利用も広がっている。このほか、エストロゲン活性作用を含むアグアへ、プロテイン高含有のタルウィといった注目素材も台頭している。

■マカ、南米素材を牽引
更年期・妊活サポート等、マカ用途拡大

「天然由来」「希少性」「ストーリー性」に加え、安全性や有効性に関するエビデンスデータの蓄積が進み、南米原産の機能性素材は、健食、食品業界で広く利用されるようになった。代表ハーブのマカは、活力系素材として安定市場を形成する。抜群の認知を誇り、販売チャネル問わず定番アイテムに。今年も『グランマカ』(サントリーウエルネス)、『亜鉛・マカ・ビタミン1・ビタミン6 』(アサヒグループ食品)、『アサヒドデカミン』(アサヒ飲料)など、マカを配合した新商品、リニューアル品が各社より投入されている。

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、「マカの元気」シリーズをドラッグストア、コンビエンスストアなどで展開。「今年は、飲料全体は苦戦しているが、『マカの元気』は堅調に推移している」と話す。マカ原料は、粉末、エキス末をはじめ、有機マカ、発酵黒マカ、マカペースト、黒マカなどが流通。TOWA CORPORAITON、ラティーナ、サンシントレーディング、光健、皇漢薬品研究所などが取り扱う。

この 1 年は、サプリメント、一般食品向けのほか、エナジー飲料向けの利用が増えている。民間調査会社によると、サプリメントやドリンクを合わせたとマカの市場規模は90億円台と推測される。また、ここ数年は、女性のホルモンバランス調整作用、更年期症状の改善、美容効果、睡眠障害の改善作用など、マカの持つ新たな機能が解明され、更年期サポート、妊活サポート商材などへの採用が増加。葉酸や亜鉛、大豆イソフラボンなどと一緒に使用されるケースが多い。

自社原料『MACAXS ®』を供給するTOWA CORPORATIONは、国内で実施したヒト臨床試験のエビデンスデータが評価され、「女性サポート商材向けの採用実績も増えており、『MACAXS®』の供給量は前年を超える」という。

 

■チアシード、カムカム、マキベリー
アグアヘ、タルウィなど、注目素材が続々

南米地域には、キャッツクロー、ゼラニウムディエルシアナム、アサイー、アセロラ、カムカム、マキベリー、ゴールデンベリー、キヌア、チアシード、マテ茶、パフィア、サチャインチ、ガラナ、ムイラプアマ、紫イペ、ピタヤ、アグアヘ、紫トウモロコシなど個性豊かな機能性素材が多数ある。

2014年頃から起きた国内のスーパーフードブームを機に、“南米発”のスーパーフード素材も認知が向上。なかでも、α-リノレン酸をはじめ、タンパク質、食物繊維などを豊富に含むチアシードは、加工食品や、外食産業での利用が進み、認知が向上している。

国内市場で10年以上の販売実績を持つラティーナは、用途別に有機品、オイル品、パウダー品のほか、香ばしい風味を実現した『ローストチア』などを揃える。ヘルシーナビは、『AcanChia®』ブランドを展開。「チアシードプロテインパウダー」がスポーツニュートリション向けに伸びているという。

 

本記事の続きは「健康産業新聞 1680号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>

・特集【ウコン】抗炎症訴求で美容市場にアプローチ

・特集【抗糖化】糖化ストレス対策、ますます重要に

・特集【通販・ECサポートソリューション】コストカット提案

・特集【オーガニック&ナチュラル】「日常使い」じわり浸透

・話題【追跡】DNSサプリから反ドーピング成分、製造工場の審査基準に疑問?

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP