ヘッドラインニュース

厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置

 厚生労働省は10月から、健康食品業界を所管している医薬食品局食品案全部の新開発食品保健対策室の職員を1人増員して、「安全対策専門官(仮称)」を置くことを決めた。安全対策専門官には室長補佐クラスの人材をあて、健康食品の安全対策を強化するための布陣を整える。→続きは『健康産業速報』第1111号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米IFT、約2万人が来場 低GI食品が台頭
  2. 経産省、ネットオークションでガイドライン 健食事業者も対象
  3. 食品安全委、アガリクスの安全性 「全体疑うものでない」
  4. 健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏
  5. 04年度通販売上高 9%増で3兆円突破
  6. 「栄養表示の義務化」打ち出す
  7. 健食テーマに合同シンポ
  8. 消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」
PAGE TOP