ヘッドラインニュース

18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ

日本スーパーフード協会は2018年上半期のトレンドを予測した「ジャパニーズスーパーフードランキング TOP10」を発表、1位に「IT-はなびらたけ」を選出した。女性ホルモンを活性化する“サイレントエストロゲン”を多く含むハナビラタケの品種という。

このほか、6位に必須アミノ酸9種類をすべて含む「かす床、かす漬け」、9位に「アカモク」がランクインしている。

関連記事

  1. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
  2. 大麦食品推進協議会、大麦の機能性を紹介
  3. 食品安全委、CoQ10問題を議論 上限値設定「困難」との声も
  4. 国際栄養士会議、日本で初開催
  5. 日健栄協、安全性第三者認証で作業部会
  6. 「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足
  7. 中国健康商品市場、7500億円に
  8. 抗加齢医学会 CoQ10、1200mgまで安全
PAGE TOP