ヘッドラインニュース

18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ

日本スーパーフード協会は2018年上半期のトレンドを予測した「ジャパニーズスーパーフードランキング TOP10」を発表、1位に「IT-はなびらたけ」を選出した。女性ホルモンを活性化する“サイレントエストロゲン”を多く含むハナビラタケの品種という。

このほか、6位に必須アミノ酸9種類をすべて含む「かす床、かす漬け」、9位に「アカモク」がランクインしている。

関連記事

  1. 消費者委員会 特保調査会を設置
  2. コーデックス総会が閉幕、IADSA提案の食品添加物使用量を承認
  3. パワフル健康食品、サンゴ状ヤマブシタケの供給開始
  4. 健食支出、11月は1000円割れ
  5. CoQ10等の作用検証 遺伝子発現解析で 来年にも公表
  6. SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価
  7. 協和ウェルネス、ビオチンの本格供給開始
  8. CRN−J、健食の原材料情報書で第2報 11月に発行
PAGE TOP