ヘッドラインニュース

18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ

日本スーパーフード協会は2018年上半期のトレンドを予測した「ジャパニーズスーパーフードランキング TOP10」を発表、1位に「IT-はなびらたけ」を選出した。女性ホルモンを活性化する“サイレントエストロゲン”を多く含むハナビラタケの品種という。

このほか、6位に必須アミノ酸9種類をすべて含む「かす床、かす漬け」、9位に「アカモク」がランクインしている。

関連記事

  1. 「農業力」議連が設立準備会 テーマに「機能性食品への活用」
  2. 韓国健食売上ランキング、トップは「紅参」
  3. エコナ問題で課長級会議
  4. JIHFS、協和薬品の本社工場をGMP認定
  5. 日本製粉、「アマニシリーズ」に2品追加
  6. 協和発酵、GMP取得でOEM展開強化
  7. 上半期台湾産クロレラ輸入量 195トンで前年下回る 各社、新市場…
  8. FDA、GMP最終規則を提出
PAGE TOP